レイセン File2:アタックフォース (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : 上田 夢人 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.88
  • (9)
  • (20)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 150
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (365ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044266257

作品紹介・あらすじ

街に漂う悪霊を祓う神霊班の仕事(主に雑用・運転手)に慣れ始めたヒデオ。しかしある夜、お祓いに出向いた先で、不可思議な少年少女グループ"フォース"と出会う。なんと彼らは、睡蓮すらも知らないタイプの精霊を操り、悪霊を祓うどころか、捕らえて集めていたのだ!正体も目的も分からない敵の出現で、神霊班は警戒態勢に。そして戦力増強のため、ヒデオに地獄の修行が課せられるのだった-第二の人生、ますます波瀾万丈に。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2巻
     1巻読んでから間が空いて、結構忘れています。
     精霊戦隊と傭兵さん
      みんなで特訓で臨時教官さんとのゴタゴタ
      
     キャラ多すぎて、しばらく間が空くと訳わからない。

  • 少年少女探偵団,じゃないけど悪霊を払うどころか捕獲,収集している集団と遭遇.
    あとはレベルアップのために特訓とか.

    なんだかよくわからない物を丸めて創ったメイツが怖いわー.
    一体アレの原料は何なんだろうね?
    最初はおから的な感じだったのに
    気がつくとドピンクの魚の練り餌みたいなものに.
    こわいわー.

    そしてヒキニパ神が.

    面白かったわー.

  • 半分が番外編、しかも番外編の方が面白い。神霊班新メンバーと葉多恵ちゃんとの修行、フォースとの対談の巻。番外編は葉多恵ちゃんとの初遭遇話。ミスマルカ以外で初めて葉多恵ちゃんが出てきた……!

  • 葉多恵ちゃん大活躍

  • まんだらけ 420円

  • 今回も面白戦闘あ多分にあって面白いw
    前半が邪気眼バトル、後半が翔香の過去話
    特に前半の邪気眼バトルが超絶楽しい巻でしたw
    しかしウィル子の登場が全然なかったが....
    ウィル子はもうオワコンですか?

  • とりあえず今回はこれに尽きるでしょう。「目からビィィーーームッ!!」(笑)そしてまさかのエリーゼ。敵(?)にもまた濃いキャラ出てきたしなぁ。つい先日ミスマルカⅤを読み終えた後だったので葉多恵さん登場は嬉しい限り。過去編といい、この人いつでも掴みどころがないですな。

  • 今回は前半は本編の続きですが後半は翔香も過去話。それだけで短編として楽しめます。本編の話としては、敵味方のキャラ顔見せという感じで、ちょっと一休みな感じですね。続刊が待ち遠しい。

  • 葉多恵さん誕生秘話。まあ、正体はおおよそわかちゃいたが。
    はたえに引っ掛けるとは思わなかった。

    という書き下ろしがほぼ半分。なにゆえ?

    まあ、相変わらず口先で色々とやりこめようとする主人公の成長振りに感動。そして、いろいろとイタイものまで。

    それでもやはり、書き下ろしがよかったねぇ。

  • 敵チーム出てきた~と思ったら…
    黒幕はともかく、主人公のほうが悪者っぽく見えるというorz
    そして、書き下ろしの「お・り・が・み」の外伝が半分入ってたという。

全13件中 1 - 10件を表示

レイセン File2:アタックフォース (角川スニーカー文庫)のその他の作品

林トモアキの作品

ツイートする