円環少女 (8)裏切りの天秤 (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : 深遊 
  • 角川グループパブリッシング
3.59
  • (13)
  • (10)
  • (28)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :153
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044267100

作品紹介・あらすじ

仁が"公館"を離れることで得た平穏な日々は突然終わりを告げた。神人遺物の原料"賢者の石"を手に入れるため、神音大系の聖騎士将軍アンゼロッタが日本へ降り立ったのだ。機械化聖騎士師団を率いるアンゼロッタは"賢者の石"発見の鍵を握る再演大系の少女きずなの奪取を命じる。聖騎士5千騎による侵攻とそれを阻止せんとする公館との暗闘の渦中、きずなを救うため仁は再び死線へと向かう!灼熱のウィザーズバトル第8弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 978-4-04-426710-0 317p 2008・6・1 初版

  • 遂に機械化聖騎士師団の本隊が登場、五千人の魔法騎士が東京を舞台に暴れまわる。魔法使いや異能力者による戦闘を描く作品は多々あっても、ここまでの規模の戦争を描いた作品は滅多にないよなあ。その上で文字通り一騎当千の強さを見せつけるアンゼロッタがいるのだから。

  • 武原もてもてやんな。

  • ついにここまで来ましたね。
     きずなを廻る話。ひと段落着いたけど、まだ引きずりそう。

     悪の話となっているが、鬱陶しくない?
      拘りすぎ、メイゼルがんばれ。

  • ついにこうなったかという内容。

  • 未読

  • 逃亡生活と悪の話。社会vs個人の話。
    メイゼルが可愛くてエレオノールはかっこかわいい。
    仁はうっとうしくて、きずなもうっとうしいかな。

  • 二兎は追えません。

  • 2008/06/01
    なんだろう、話は分かる、どういう展開になっているかも読んでて分かった。でも、登場人物の心情というか感情がイマイチ理解できず、リンクしない…なんだろうね、話は消化はしたけど共感できないというか置いてけぼり喰らってる感があったね。
    今回の巻はいっぱい出来事が詰まってたからボリュームはあった。でも、この調子でいくと…あと二巻くらいでこのシリーズ終わってしまうのでは…?

全9件中 1 - 9件を表示

円環少女 (8)裏切りの天秤 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

長谷敏司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

円環少女 (8)裏切りの天秤 (角川スニーカー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする