円環少女 (9)公館陥落 (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : 深遊 
  • 角川グループパブリッシング
3.81
  • (17)
  • (14)
  • (20)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 156
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044267117

作品紹介・あらすじ

"公館"は燃えていた。火を放ったのは、魔導師公館の力の象徴たる専任係官の重鎮鬼火。"協会"との連絡は途絶し、間近に迫る神聖騎士団の総攻撃-混濁した状況を切り裂くように鬼火は配下の刻印魔導師"鬼火衆"と地下を進む。魔導師公館の新たなありようを模索する京香は、叛乱者の目的を挫くべく、仁に残酷な命令を下す。鬼火を撃て-と。最強の師が待つ死地に赴く仁とメイゼルの運命は!灼燃のウィザーズバトル第9弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これまで悩みに悩み続けていた仁がついにある一つの結論に辿り着く。また、新しい世代に公館を任せようと古い世代の自らの生に決着を付けようとした東郷。円環世界での罪について触れられてはいないが少しずつその謎の輪郭が現れ出したメイゼル、鬼火衆の刻印魔道師たち。核を利用して戦争を企てようとした九位。それぞれの様々な欲が絡み合っていた本作。
    読み終わった今となっては説明することはできないが、読んでいる最中はその思惑の深さに驚き、闘う彼ら彼女らの姿に何度も背中を押されるような強い意志を感じられた。
    そうなのだ。この作品は溢れんばかりの意志が詰め込まれている。矛盾してたって、倒錯してたって、変態チックだろうとも被虐趣向であろうともだ。様々な意思が文章という形をとってぼくらの胸の中に届いて魔炎のように人間には見えない火を灯す。それが後々の行動に変化を与えられていくのだろう。
    しかし、それらの意志さえも潰してしまおうという大きな意思がある。今作は区切りだとあとがきにあるが、これからどのような意思が彼らの意志の前に立ちふさがるのか今から楽しみで、それとは別にメイゼルがどう成長し、仁とどのような別れをするのか、仁はきずなや京香と向き合うことができるのかということも気になって仕方がない。

    「俺が、夢を見せてやる! おまえたちの仲間の犠牲が、おまえたちが闘ってきたことが無駄でなかったって思える世界を俺が作ってやる。だから、俺についてこい!!」

  • 978-4-04-426711-7 318p 2008・12・1 初版

  • 専任係官5人全員(いや設定上はまだいるけど……)に短いなりに見せ場がある巻は初めてではないだろうか。5人ともチート級に強いのに指揮官として有能なのが東郷先生1人だけなのって、《公館》の戦力バランスがいまいち悪い原因だよなあ。守勢に立たされると結構もろいし。

  • 組織の殺し屋だったのが追放され、無職の一個人となってしまった仁。戦場と日常の落差に心苛まれ、子供を救うためという正当化も通用しない、ただの"人殺し"だったと自覚するに至る。
    そして決死の討ち入りの末、華々しく散った師・東郷の意志を受け継ぎ、鬼火衆の生き残りと共に鬼火一家を立ち上げることになるのだった。メイベルは姐さんになった模様…。

    あれ?何だろう、この転落人生⁇ 要約が間違ってるかな? でも女の業の固まりなきずなが嫌いなので、変態(ロリコン)の仲間入りをしてしまえ‼︎とさらなる転落を望んでいます。

  • 東郷先生。すげー頑固な人なんだなっていうのと、いまどき古臭い人やっていうのもあるけど、こういう人だからついていくんだろうな、と思う巻。

  • 鬼火の最後
     沈黙がふらついて、悪として立ち上がる
      メイゼルとの深まる関係
     古い公館の終わり
      九位の登場 なぜ科学君が登場するんだ、よくわからん。

     前巻から間が空いたが結構覚えていた。
      相変わらず沈黙君はうじうじと悩んでいてもどかしい感じ
       その後の戦闘はスピーディーで読みやすい

  • いちいち説明されていない細かな部分があるけど、そこを読み解いていくと東郷の感情も少しは読める気がする。
    雷神ヤバイな…というのが当時の感想だった。

  • 公館が炎上し、武原は地下へ。
    自分の進む道を見つける。

  • 未読

  • 正直設定を把握しきれなくなっている。一度全部読み返したいが、あの密度・分量を思うとなかなか踏み切れず。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

「戦略拠点32098 楽園」にて第6回スニーカー大賞金賞を受賞。同レーベルにて「円環少女」シリーズ(角川書店)を刊行。「あなたのための物語」(早川書房)が第30回日本SF大賞と第41回星雲賞に、「allo,toi,toi」が第42回星雲賞短編部門にそれぞれノミネートされた。

「2018年 『BEATLESS 上』 で使われていた紹介文から引用しています。」

円環少女 (9)公館陥落 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

長谷敏司の作品

円環少女 (9)公館陥落 (角川スニーカー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする