円環少女 10 運命の螺旋 (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : 深遊 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.07
  • (20)
  • (12)
  • (12)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 153
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (383ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044267124

作品紹介・あらすじ

"公館"を離脱した仁は、メイゼルと鬼火衆の男達と、つかの間の平和な日常を過ごしていた。だがメイゼルの作るカレーを囲む食卓に"魔術師"王子護が現れる。その傍らには死んだはずの妹、舞花の姿があった!年下の小姑の出現にメイゼルは!?さらに"協会"に敵対する"連合"最高議会議長アリーセは、仁とメイゼルに思わぬ取引を持ち掛ける-メイゼルの罪と罰、全ての始まりが明らかに。灼熱のウィザーズバトル第10弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 978-4-04-426712-4 383p 2009・7・1 初版

  • メイゼルの母イリーズが超高位魔導師なのは当然の展開。ネタバレにならないよう詳細は省くが、超高位魔導師同士の全力戦闘は想像力を突破して酩酊を誘うほどの凄まじさだった。《雷神》クレペンスや《神に近き者》グレンはいくら強くても異常な感じは薄いからなあ。

  • か弱き民衆を救う革命家か?"神"をも恐れぬ背徳者か? 世界を巨大な実験場と化す狂気の学術者なのか? 災厄の元凶、イリーズ・アリューシャ。
    "神"と共に死んだ母の代わりに裁かれた神判の舞台でメイゼルは覚醒した。
    『憎悪は愛情に似ている』

    子供だと思って侮ってました…。メイゼルは稀代の女王様。真性のド変態でした‼︎ 倒錯してますね〜。でもここまで曝け出したからこその哀しさがある。面白くなってきました。

  • メイゼルの過去が出てくるところ。今までぼちぼちでていた「背約の御業」ってなんなのか、メイゼルが地獄落ちしたのはなぜなのかが判明。

  • 次なるステージの始まり?
     O.ジモリー登場 笑わせてくれます。
      突然、妹を連れてきたり、島を浮上させたり、いろいろ企んでいます。

     そして他団体との談合と襲撃。
      メイゼルの過去が明らかになり萌えます。
     畳み掛ける戦闘で仁君は相変わらず、ふらふら。私生活も。
     
     再演の魔女をめぐり、また話が動き出しそうです。
     

  • シャナⅩを思い出させる過去の大戦の部分がヤバイ。これだけで一冊できそう。
    その後も日本のアノ場所で激戦。そして最終局面では…
    とりあえず舞花可愛すぎだろ。

  • 過去話はなかなかかな
    東郷一派が好きだけど、もう出番あまりないのかしらん

  • 鬼火衆がいい

  • マイカ…! マジシャンはほんとわけわかんネーです…
    メイゼルの過去やお母さんのことが色々わかります。
    引っ込み思案なメイゼルがドSになったきっかけと、きずなちゃんがとうとう…

    ていうかお母さんのキャラデザ、どうみてもじ・・・げっふん
    買ってるラノベの中でもかなり好きなほうです(’’*

  • 2009/07/01

全10件中 1 - 10件を表示

プロフィール

「戦略拠点32098 楽園」にて第6回スニーカー大賞金賞を受賞。同レーベルにて「円環少女」シリーズ(角川書店)を刊行。「あなたのための物語」(早川書房)が第30回日本SF大賞と第41回星雲賞に、「allo,toi,toi」が第42回星雲賞短編部門にそれぞれノミネートされた。

円環少女 10 運命の螺旋 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

長谷敏司の作品

円環少女 10 運命の螺旋 (角川スニーカー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする