氷菓 (角川文庫)

著者 :
制作 : 上杉 久代  清水 厚 
  • KADOKAWA
3.57
  • (880)
  • (1805)
  • (2056)
  • (403)
  • (93)
本棚登録 : 13185
レビュー : 1694
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044271015

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 続きが気にならない。

  • 神山高校古典部にまつわる謎をとく本格ミステリー。
    主要な4人のキャラがなかなかいい味出してる。肝心の謎については驚きがないが、テンポがいいのであまり気にならない。
    読み終わったときになんとなく物足りなさを感じていたが、シリーズになってることに気づいた。もう少し読んでみようかと思う。

  • 最初は、文章が硬くて、少し読みにくいなと思ったけど、後半はもう、それも気にならなかった。
    巻を重ねるごとに面白くなっていって、古典部の四人の
    屈託が少しずつ見えてくるのも、良かった。
    キラキラした青春ではないけれど、
    こんな学校生活が送れるのが、うらやましい。
    大好きなシリーズです。

  • 高校生ミステリー。
    「省エネ男子」が主役、という設定がイマドキなのかな。
    割りとよくある学園ミステリーであるように思えるけど、
    最近映画化されるなど、
    この小説がなぜずっと読まれ続けるのかということを考えてみると、
    昭和42年、1967年という時代の持つ空気感のようなものがノスタルジックに綴られているところ、なのかな。

  • 古い時代を感じさせる折木と里志の会話が好きだ。
    そして、日常に潜んだ謎を解決していく中にも伏線を張って、ラストまで持って行く手腕が好きだ。
    折木の、灰色と薔薇色についての逡巡も、示唆に富んでいて良かった。

  • 読みやすく、清々しい気持ちになれる小説。
    トリックはイマイチだった印象。

  • 青春ウキウキワクワクドキドキストーリーかと
    思いきや
    冴えない灰色を纏う少年があれよあれよと
    学校に潜む不可解な謎をとき薔薇色に染めていく

    さすが米澤穂信というくらいの抜け目なく、素晴らしい
    ミステリー小説です

    がっつりのミステリーは苦手みたいな人に
    推せる本でした

    アニメも見ましたが面白かったです!

  • 姉の手紙に導かれるように、廃部寸前の古典部に入部した“省エネ”少年、奉太郎くん。そこで出会った千反田えるちゃんが、どうしても気になって仕方のない謎「いつのまにか密室になった教室」を解いたことを皮きりに、彼の日常が動き出します。それはまるで灰色の生活がほんの少しずつ薔薇色に色づいていくようです。
    謎が謎を呼び、謎が仲間を呼び、そして古典部の文集『氷菓』という題名に秘められた真実へと辿り着きます。それは現代の高校生にとってはもう自分たちとはかけ離れた時代の色褪せた昔話のようなものなのかもしれません。でも、自分たちで謎を解き、その意味に触れた古典部の彼らには、この題名を記したひとりの高校生のメッセージをしっかりと受け取ることが出来ました。
    その想いは、いつの時代にも高校生にとって引き継がれるべきものだと思うのです。


  • 高校の古典部のお話。推理ものみたいだか、余り引き込まれなく、なんだか浅い。多分このシリーズはもう読まないかな。

  • 日常の中の些細な謎に、好奇心を巡らすことの面白さ。考えて調べて、謎を明らかにすることで、世界が少しずつ広がる。こういうタイプのミステリーってあまり読んだことがないかも。

全1694件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

米澤 穂信(よねざわ ほのぶ)
1978年、岐阜県生まれの小説家、推理作家。金沢大学文学部卒業。
大学在学中から、ネット小説サイト「汎夢殿(はんむでん)」を運営し、作品を発表。大学卒業後に岐阜県高山市で書店員として勤めながら、2001年『氷菓』で第5回角川学園小説大賞ヤングミステリー&ホラー部門奨励賞を受賞し、デビューに到る。同作は「古典部」シリーズとして大人気に。2011年『折れた竜骨』で第64回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)、2014年『満願』で第27回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。『満願』は2018年にドラマ化された。直木賞候補にも度々名が挙がる。
その他代表作として週刊文春ミステリーベスト10・このミステリーがすごい!・ミステリが読みたい!各1位となった『王とサーカス』がある。2018年12月14日、集英社から新刊『本と鍵の季節』を刊行。

氷菓 (角川文庫)のその他の作品

氷菓 Audible版 氷菓 米澤穂信

米澤穂信の作品

ツイートする