遠まわりする雛 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.93
  • (537)
  • (889)
  • (550)
  • (58)
  • (7)
本棚登録 : 6269
レビュー : 523
  • Amazon.co.jp ・本 (410ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044271046

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最初からななめ読み。
    この本の内容がどうのというよりも、私が選択に失敗した。
    まず、高校生が主人公という事で、その年代の話がイマイチ入りこんで読めないということ。
    そして、この本が多分、続編だということ。
    登場人物の事や関係性を知っていて、彼らの事が好きだから読む、とうい感じの本だと思う。
    多分、シリーズ化しているストーリーで、そのシリーズのファンにはたまらなく面白いのかもしれない。

    主な主人公は高校生の男子で、特に彼ともう一人の女子高生を軸に彼らの友達・・・仲間を中心とした連作短編集。
    彼らが身の回りのちょっとした謎を解き明かしていく・・・という内容。
    ーなのが、私がせいいっぱい読み取れたこの本の概要。
    1話目を読んで、どうにも頭に入らないので、また何度かページをさかのぼって読むも、やっぱり無理。
    じゃあ、その次の話は・・・その次は・・・と読んでもやっぱり無理だった。

    高校生くらいの年代にとってはそれが人生の大問題という事も、大人になると「たわいないな・・・」となってしまう事が多い。
    ここに書かれている「謎」は私にはどうしたってそういうものに映ってしまって、だからつまらない・・・というのは、もうしょうがないと思う。

    この作者の本はまだ1冊だけだけど、こういうのがあるというのは頭に入れて、本を選択する時は注意しようと思う。

  • 短編よりも長編の方が好きかもな、と思って途中しばらく離れてしまった。でも最後はいい、とてもいい。

  • 短編集。古典部シリーズ4作目。
    どんなに若くても、どんなに未熟でも、誰にだってそれなりに譲れないものはある。
    大人から見れば取るに足らないような、他人には受け入れがたいようなこだわりだったとしても、本人はけっこう本気なのだ。
    未来は開けている。
    大人のようで大人ではない中途半端なときを過ごしている。
    驚くほどに自分自身のことがわからない。
    何が欲しいのか、何が必要なのか。
    思いがけない自分を発見して戸惑ったり悩んだりもする。
    古典部に所属する折木奉太郎の譲れないこだわり。
    「やらなくていいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に」
    里志が手作りチョコレートを砕かなければならなかった理由。
    たぶん説明しても千反田には本当のところはわからなかっただろう。
    奉太郎が千反田についた小さな嘘は、仕方のないことだったと思う。

    この年代にしか味わえない葛藤や揺らぎが詰まっている古典部シリーズ。
    「氷菓」を読んだときほどの衝撃はないけれど、相変わらず大好きなシリーズだ。
    少しずつだけれど変わり始めている奉太郎を、果たして里志たちは気づいているだろうか。
    第5弾が待ち遠しい。

  • 米澤穂信の古典部シリーズ第4弾。これまでの長編3作と違い、神山高校1年目の1年間を追いかけながらの短編集7作品です。

    短編が進むごとに古典部4人の距離が縮まり、最後はホータローと千反田さんがほんの少しでも接近していくのが、何とも「青春」って感じですね。
    あー。学生時代に戻って、いろいろやりなおしてみたいw

    特に、表題作の「遠まわりする雛」と「手作りチョコレート事件」が印象に残りました。

    「遠まわりする雛」は、ミステリ的な側面よりも、やっぱり、ホータローと千反田さんでしょうか。
    ホータロー自身が突っ張らず千反田さんへの思いを見せる(行動にまでは表れませんが)のが見どころですね。まあ、これは既定路線への流れでしょうけど、応援したくなりますよね。

    「手作りチョコレート事件」は倒叙ということですが、完全には犯人は明かさず、多分そうだろうなー、くらいで読ませるところが、また面白かったと思います。

    で、ちょっと余談ですが、ふとこの「倒叙」という手法を考えた時に、ミステリって、ちゃんと勉強したら、読ませるための手法や、トリックの形式も定番や新しいスタイルなど、いろいろあるんだな、と改めて思いました。

    それらを頭においてから、ミステリを読むと、単純に楽しむ以上に、知れる世界があるんじゃないかと気づかされたので、ちょっと時間があるときに、その辺も意識しながらミステリ漬けになってみようかなあ。

    さあ、次は5作目。

  • 古典部シリーズ4作目
    今回は、何かイベントがあるわけでもなく、日常の色々なお話し

    そうそう、こんな日常系が読みたかったのよ
    それでいて、登場人物たちの人間関係も複雑ですなぁ
    ま、特に二人の関係だけなんだろうけど、なんだかやきもきする(笑)

  • このシリーズはどれも学園ドラマの
    平凡でありながら誰しもが懐古する甘酸っぱさやほろ苦さが描かれていて
    とても好きなのだが
    この巻も非常に好き。

    全てのエピソードが流れて繋がっていく感じと
    タイトルの付け方が秀逸だと思う。
    生き雛が遠回りをして行列を作った、ということは勿論のこと
    まだ若い彼らが遠回りしつつも前に進んでいく様を感じ
    爽やかな感動が得られる作品だと思う。

  • 学園ミステリーは鳴りを潜め、古典部の一年をなぞるように7つの短編が綴られていました。一編目と七編目を読み比べると奉太郎のこころの変化がとてもよくわかります。

    里志が摩耶花の好意をはぐらかしていることをずっと不思議に思っていましたが、それも“手作りチョコレート事件”でスッキリ。謎が解けても答えが出ないことってあるんですね。

  • 古典部シリーズは短編の方が似合う様な。

    今回も物悲しいとは言わないまでもちょっとひっかかる終わり方をする話しが何編かあった。
    苦みとは言わずかといって酸味でもなし全く以て奇妙な後味。
    珍しく大人の登場する話があった。シリーズを通して大人があまり出てこない気がするが、何か意図があるのだろうか。
    私、気になります。

  • ”こだわらないことだけにこだわる”里志悟りの境地

  • 遠回りする雛、特に謎という謎はなかったけれど短編の中で一番よかった。千反田の地元に対する思いで泣きそうになった。最後のもう春という言い回しは上手いなぁと思った。

全523件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

米澤 穂信(よねざわ ほのぶ)
1978年、岐阜県生まれの小説家、推理作家。金沢大学文学部卒業。
大学在学中から、ネット小説サイト「汎夢殿(はんむでん)」を運営し、作品を発表。大学卒業後に岐阜県高山市で書店員として勤めながら、2001年『氷菓』で第5回角川学園小説大賞ヤングミステリー&ホラー部門奨励賞を受賞し、デビューに到る。同作は「古典部」シリーズとして大人気に。2011年『折れた竜骨』で第64回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)、2014年『満願』で第27回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。『満願』は2018年にドラマ化された。直木賞候補にも度々名が挙がる。
その他代表作として週刊文春ミステリーベスト10・このミステリーがすごい!・ミステリが読みたい!各1位となった『王とサーカス』がある。2018年12月14日、集英社から新刊『本と鍵の季節』を刊行。

遠まわりする雛 (角川文庫)のその他の作品

米澤穂信の作品

ツイートする