遠まわりする雛 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.93
  • (537)
  • (889)
  • (550)
  • (58)
  • (7)
本棚登録 : 6268
レビュー : 523
  • Amazon.co.jp ・本 (410ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044271046

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 古典部シリーズ第4弾。
    千反田えると、折木奉太郎の2人を含めた4人の古典部員の関係性がだんだんと変わっていく1年間のことを7編の短編にまとめてあります。

    古典部の文集の名前の由来と、文化祭の名前の由来を解き明かした氷菓、
    文化祭に出す予定のクラス映画のラストを予想した愚者のエンドロール、
    文化祭本番での連続窃盗事件とにまつわるクドリャフカの順番、
    その3部作の裏でこんな風に4人は動いていたんだなーと、改めてキャラクターに生命が吹き込まれるこの遠まわりする雛。

    あきましておめでとう、
    遠まわりする雛、
    のあたりで千反田さんの気持ちも見え隠れするのがよいですよね。

    まだまだ続くんだろうなぁ。
    楽しみ。

  • 短編集のためか、一つ一つ区切りながら読んでしまって思いのほか読み終わるまでに時間がかかってしまった。アニメにも登場したエピソードがほとんどですが、「手作りチョコレート事件」では、まさに青春群像劇の名のとおりのほろ苦さを感じながら、最後の「遠回りする雛」で見せる千反田さんの凛とした決意に胸を打たれます。いつか奉太郎が言えなかった台詞を言えるときは来るのだろうか。

  • 一大イベントが終わって、幕間的な要素を含んだ短編集かと思っていましたが、そうじゃなかった。今までは事件が軸だったのに対して、この短編集は4人の距離や心情の移り変わりが軸として描かれていました。この短編集を4巻目に持ってきたのはお見事。粋な演出でした。
    先を行く女の子に戸惑う男の子。頑張れというか、見守りたくなります。

  • アニメ化された話だったから、映像が浮かんできてすごく読みやすかったー。しかし、原作をちゃんと再現しててすごいと思った。古典部シリーズ読みやすくていいね。

  • 短編集。
    最初はいまいちなのかと思いましたが、最後の2つのお話がとても良かったです。
    特にタイトルになっている「遠まわりする雛」はとても素敵でした。

  • 九マイルは遠すぎるゲームの「心あたりのあるものは」など、ミステリ愛にあふれた短編集。氷菓事件、女帝事件、十文字事件の合間やその後の話を描いており、古典部の関係性の変化を堪能できる。表題作は謎解きは淡泊だが、美しい話だった。恋愛要素が絡むのは青春という感じで嬉しい。折木自身もまた変化の中にあり、薔薇色に近づいている印象がある。

  • ああ、アニメでちょこちょこ入ってくる細かいネタはコレ由来だったのかと納得。というよりも、全体として一貫した時間軸にエピソードを並べてアニメ化しているってことね。
    朴念仁が恋心みたいなものを自覚するまでのお話、というか何というか。
    どこまでも薄味にね。高校生の心情なんて、もっと極端から極端に振れるものだと思うのだが、それやってるのは4人のうち一人だけ、ってのは、むしろリアリティがあるのかないのか、サンプルが少なすぎてなんとも分からないね。まあ、神ならぬ身が感じるリアリティなんてそんなモノですか。

  • 自分にとって、古典部シリーズの特に本書のような純粋な青春物を心から楽しんだのは全く初めてで、新鮮なウキウキ感で読み終えました。
    今回は時系列的に今までのお話の間に挟まるようなストーリーを含めて、四季折々の1年間の物語に仕上がっていました。それによって、奉太郎の心境の移り変わりが他の巻より鮮やかに描き出されています。僕の高校時代なんて本当に色恋沙汰とは無縁で、そのせいでなのか学園物の恋愛に距離感が合って無感動だったのが、ラストでえるが密かに(思い返せばはっきりとしてたかも?)奉太郎に思いを寄せていたという事実、自分もえるに恋心を抱き始めて戸惑う奉太郎、美しさすら感じました。
    読んでいて胸がポッと温まって満たされていくこの感覚にもっと早く出会いたかったです。

  • 古典部シリーズの短編集。

    すでにアニメで放送されたものもあったり、クドリャフカの順番後の話もあったり・・・
    表題作の遠回りする雛おもしろかったです。

  • チョコレートを盗んだのが誰なのか。十二単の千反田を見たホータローがなにをマズいと思ったのかがすぐわかるくらいには感情移入してた。ライトだけど安っぽくはない。

全523件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

米澤 穂信(よねざわ ほのぶ)
1978年、岐阜県生まれの小説家、推理作家。金沢大学文学部卒業。
大学在学中から、ネット小説サイト「汎夢殿(はんむでん)」を運営し、作品を発表。大学卒業後に岐阜県高山市で書店員として勤めながら、2001年『氷菓』で第5回角川学園小説大賞ヤングミステリー&ホラー部門奨励賞を受賞し、デビューに到る。同作は「古典部」シリーズとして大人気に。2011年『折れた竜骨』で第64回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)、2014年『満願』で第27回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。『満願』は2018年にドラマ化された。直木賞候補にも度々名が挙がる。
その他代表作として週刊文春ミステリーベスト10・このミステリーがすごい!・ミステリが読みたい!各1位となった『王とサーカス』がある。2018年12月14日、集英社から新刊『本と鍵の季節』を刊行。

遠まわりする雛 (角川文庫)のその他の作品

米澤穂信の作品

ツイートする