遠まわりする雛 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.93
  • (537)
  • (889)
  • (550)
  • (58)
  • (7)
本棚登録 : 6267
レビュー : 523
  • Amazon.co.jp ・本 (410ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044271046

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • <古典部シリーズ>の4冊目。
    にもかかわらず「高校に入ったばかりって、どういうわけ?」と読み始めた嫁さんが素っ頓狂な声出して聞いてきたけど、これまでの高校生活を振り返って、都度都度のトピックスを集めた短編集というのがあっても良いだろう。
    季節を移ろわせながら7つの話が繰り広げられるが、今回は今ひとつ微妙な後口の話が多かった印象。ただ、このシリーズ(あるいはこの作者)の特徴と言って良いと思うけど、この年頃の行きつ戻りつするような何とももどかしく何となく切ない感じは今回もよく出てる。

    「あきましておめでとう」…夏休みに読んだ漫画が正月に役に立つとは思わなかったな。
    「手作りチョコレート事件」…この本の中でもとりわけ切ないお話だ。里志、そんなに難しく考えずに、摩耶花の気持ちに応えてあげたら良いのにね。まあ、こだわらないと言いながら、つまんないことにこだわるのが、この年頃の男子というものだがな。
    「遠まわりする雛」…上の2つのお話を読んで、ホータローの省エネ主義の前には恋愛感情は育たないのかと危惧したのだが、そうでもなさそうなので安心したよ。だが遠まわり過ぎだな。

  • 古典部シリーズの短編。入学から一年間に起きた出来事が書かれています。
    『満願』でも思いましたが、長編が面白い作家たくさんいますが、短編でここまで面白く、意味を込めた作品を書ける人は少ないなと感じます。

  • 新しい話を読みたかったけど、今さら翼といわれてもは相変わらず本屋で見かけないし、短編集なら読みやすそうという事で今作を手に取る。
    そのうち、他の長編も読みたいな。
    学園祭の話とか気になるかも。

    小説を読む事で、アニメで見るのとは違う感じを味わう。
    手作りチョコレート事件は、摩耶花や福部の気持ちを考えるとしみじみとしてしまう。
    遠まわりする雛は、桜の木の下を歩く折木の心理描写が良い。

  • 目次
    ・やるべきことなら手短に
    ・大罪を犯す
    ・正体見たり
    ・心あたりのある者は
    ・あきましておめでとう
    ・手作りチョコレート事件
    ・遠まわりする雛

    〈古典部〉シリーズ初の短編集。
    もともと日常の謎を、なんとなく奉太郎が解いているだけで、彼らからしたらあくまでも学校生活がメインのはずだ。

    だから、順に読んでいくことで、彼らの関係が徐々にその姿を変えていくところを目の当たりにすることができる。

    特に今回は、何事にも積極的にかかわろうとしない奉太郎が、千反田エルへの気持ちに気づき、しかしそのことをまだ言語化することができない自分に戸惑う様子が、読んでいて「ああ、青春だなあ」とほほえましく思えた。

    奉太郎も里志も、好きだからこそ簡単にその気持ちに流されないようにしようという強い意志が、なかなかないよねと思いつつ、こんな風に思われたら女子冥利に尽きるのではないかと思う。
    頭でっかちだけどね。
    簡単に「俺も好きだよ」と言わない里志に、伊原の納得いかない気持ちもわかるけど、伊原のことを大切にしているし、よく理解しているし、里志の機が熟すまで待ってもいいんじゃないかなあと思うけど、待てないのがまた若さかと。

    さて、奉太郎と千反田えるの場合は、彼女の言葉がどこまで恋愛要素を含んでいるかが不明だけれど、奉太郎は待てるんじゃないかな?
    焦らないのが彼の長所だし。

    いやあ、青春だなあ。

  • 米澤穂信はやはりあざとい/ 「竹刀を持ってこそいないものの、持っていいとなれば持ちたがるに違いない」という氷菓に出てきた一節がとても良いと前から思っていた。本人もお気に入りのようで、わざわざ引っ張ってきてもう一度書いている。ドヤ見てくれ、といわんばかりの嫌らしさが透けて見える/ あと、あとがきで出典書くことによって「氷菓シリーズはパクリ」という批判をかわしたいのかと思ってしまう/ 自分で物語を思いつかないならもう書くべきではないし、他人の作品から構造を真似して話を作るのならそんなものは無限に生み出すことが出来る/ 毎回あとがきでいいわけめいたこと書いてるけど、もう辞めた方が良いと思う/ 日常のミステリは難しい、多くの作家が最初は良いものの最後は破綻した作品でシリーズを打ち止める/ でもそれは他人の作品を真似していないからね/ 真に評価されるべきはオリジナリティなのだから/

  • 折木と千反田の関係性が、ただの「友達」から「友達以上」になりそうな予感を漂わせて今作が終わりましたね。個人的には「やっとか」と思っています(笑)今後の2人の関係が楽しみです。

  • 「古典部」の4人の1年間のちいさな謎を、めぐる季節とともに描いた短編集。

    省エネを信条にするホータローが、えるの真っ直ぐさを戸惑いながら受け入れ、やがてなんだかほんのり、まだ恋と名付けることも出来ないような、感情に気づく。

    青春だぁ!

  • 配架場所 : 文庫
    請求記号 : BUN@913@Y107@6
    Book ID : 80600062619

    http://keio-opac.lib.keio.ac.jp/F/?func=item-global&doc_library=KEI01&doc_number=002577035&CON_LNG=JPN&

  • 古典部シリーズ第4弾。
    ひとつひとつのエピソードを経て、関係性が変化していく。
    高校入学から春休みまで、1年の時の経過がある短編集だからこそ、そのわずかな変化が、はっきりと感じられる。
    特に、省エネがモットーなはずのホータローが、千反田えるがかかわると、いつも通りとはいかないところ。ほんとうに微妙な意識の変化が描かれていて、青春。
    「手作りチョコレート事件」だけは共感できず、後味が悪い。

  • 古典部シリーズの短編集。長編の合間を埋めていく形で、古典部の1年間が描かれている。それぞれに面白く、奉太郎と千反田の関係にも、変化があるようなないような感じがいい。個人的には里志の内面が明らかになる「バレンタインチョコ事件」が好き。

全523件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

米澤 穂信(よねざわ ほのぶ)
1978年、岐阜県生まれの小説家、推理作家。金沢大学文学部卒業。
大学在学中から、ネット小説サイト「汎夢殿(はんむでん)」を運営し、作品を発表。大学卒業後に岐阜県高山市で書店員として勤めながら、2001年『氷菓』で第5回角川学園小説大賞ヤングミステリー&ホラー部門奨励賞を受賞し、デビューに到る。同作は「古典部」シリーズとして大人気に。2011年『折れた竜骨』で第64回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)、2014年『満願』で第27回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。『満願』は2018年にドラマ化された。直木賞候補にも度々名が挙がる。
その他代表作として週刊文春ミステリーベスト10・このミステリーがすごい!・ミステリが読みたい!各1位となった『王とサーカス』がある。2018年12月14日、集英社から新刊『本と鍵の季節』を刊行。

遠まわりする雛 (角川文庫)のその他の作品

米澤穂信の作品

ツイートする