吸血殲鬼ヴェドゴニア―WHITE NIGHT (角川スニーカー文庫)

制作 : 山田 秀樹 
  • 角川書店
3.40
  • (4)
  • (7)
  • (23)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 96
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (345ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044278038

作品紹介・あらすじ

惣太の頚動脈に残った2つの咬み傷。その日から惣太は血を求めて凶暴化する"ヴェドゴニア"に。人間でいられるのはあと2週間。助かるには彼を襲ったロード・ヴァンパイアを倒すことのみ。太陽を忌み嫌い闇に潜む眷属と、そいつらを崇め奉る巨大企業が惣太の前に立ちはだかる!友を、隣人を、奴等に殺され、惣太はたったひとりで組織に立ち向かう。『ファントム』を世に送り出した鬼才・虚淵玄が贈るバイオレンスロマン登場。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  かなり昔に読んだので、レビューを書くほどの記憶が……。
     時に、当たり前のことを言うと、こういう作品を『厨二』の一言で切り捨ててしまうか否かが物語を楽しめるかどうかの境目だと思う。自分は専ら後者。厨二病おいしいです。
     しかし……弥沙子……メガネっ娘はやはりこういう目に遭う運命なのかorz

     虚淵さんとでじたろう社長、そして文庫版の絵師の方との座談会が面白かったですよー。

  • 書いたのが虚淵玄ではないのでがっかりしたが、読みやすくはあった。このマスクの形状と筋肉を抑えるという目的のスーツって組み合わせは、仮面ライダーより映画のCASSHERNを思い出す。でも公開はあちらが後。鬼哭街に比べたらやたら分厚くてビックリしたよ。話としてはそれほど珍奇な事はしてない印象。血を吸った吸血鬼と懇ろになって同じ道を歩む的な、割と良くある展開になりそう。諸井博士ってモロー博士が元ネタかな

  • 原作が美少女ゲーとは思えない

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

Nitroplus所属のシナリオライター。小説家。主な代表作は『Phantom PHANTOM OF INFERNO』『Fate/Zero』『白貌の伝道師』。

吸血殲鬼ヴェドゴニア―WHITE NIGHT (角川スニーカー文庫)のその他の作品

虚淵玄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

吸血殲鬼ヴェドゴニア―WHITE NIGHT (角川スニーカー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする