推定少女 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.43
  • (171)
  • (266)
  • (453)
  • (122)
  • (20)
本棚登録 : 3173
レビュー : 325
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044281038

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前から気になってたんだけど、ようやく購入。
    一気読みじゃないとちょっともったいない気がする。
    入り込んで止まらなくなります…。

  • 読み終わって、あまりにも自分と近しいなにかを感じてしまって、胸が苦しくって、わたしも白雪と逃げたい

  • 中学生のころ感じてたことを色々思い出した。あの頃のよくわからない大人になることへの焦燥感や自分の存在価値を失っていた頃に考えたこととか少しタイムスリッブ出来た気がする。

  • 「安全装置」のエンディングが一番好きです。

  • この方の作品は好きだ。やっぱりこの世界も好きだった。
    カナも白雪も千晴もみんな可愛くて愛おしい。

  • 最後の最後に本ぶん投げた記憶しかない。

  • 桜庭一樹さんて女性だったんですね。
    最初は苦手な文体で身構えたけれど、慣れるうちにクセになった。中学生の巣籠カナは訳あって逃げることになって、その途中で出会った宇宙人の白雪や千晴と一緒にがんがん逃げる。カナがだんだん喋り方が板についてくるところとかぎこちなくて好き。
    くだけた文章だけれどその分会話文になると違和感なくなる。会話らしい会話というか、完璧な会話じゃないというか。何度も回想が入ったり同じシーンが繰り返されたりするけれどそのたびに少しずつこちらの感じ方が変わっていくのがおもしろい。
    二個目のエンディングが一番好き。
    「無事に大人になったら、オレたちの勝ちなんだよ。戦争はずっと続くけど」

  • 桜庭一樹さんの初期作品。

    エンディングが3つ用意されているという不思議な終わり方に「?!」となったけれども、それ以前にいろいろぶっ飛んだ展開に笑ったり、大人の理不尽さに憤ってみたり。桜庭さんの作品ってかつて自分が少女だったということを思い出させてくれるような、そんな小説だと思う。だからこそ、女性ならちょっと読んでほしいなぁ…と思う。これもそんな作品。

  • 現実と非現実の境目がわからなくなる。

    エンディングが3パターンあるけど、
    ハッピーエンドである必要はないかな。

  • そうして大人になるのでした

全325件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

桜庭 一樹(さくらば かずき)
1971年、島根県生まれの小説家。
1999年「夜空に、満点の星」で第1回ファミ通エンタテインメント大賞小説部門佳作を受賞しデビュー。
『赤朽葉家の伝説』で第60回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編部門)、『私の男』で直木賞を受賞。他の代表作に『GOSICK -ゴシック-』『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』『赤朽葉家の伝説』などがある。
ゲームのノベライズやライトノベル作品や、山田桜丸名義でゲームシナリオを手がけるなど幅広く活躍している。

推定少女 (角川文庫)のその他の作品

推定少女 (角川文庫) Kindle版 推定少女 (角川文庫) 桜庭一樹

桜庭一樹の作品

ツイートする