少女七竈と七人の可愛そうな大人 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.70
  • (343)
  • (527)
  • (566)
  • (93)
  • (20)
本棚登録 : 4655
レビュー : 478
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044281052

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本作の中で一番好きなのが『辻斬り』。淫乱って言われればそれまでなんだけど、なんとなく彼女の気持ちがわかる。衝動的な気持ちに駆られると言いますか。七竃可愛い。雪風との絡みも好き。

  • 辻斬りのように男遊びをしたいと思った平凡な白っぽい丸、な母親から産まれた、少女七竈の物語。七竈は、「大変遺憾ながら、美しく生まれてしまった。」それを体現するかのような整った文体で、多方向の視点から七竈は描かれる。整然とした少女に、大人たちは抱えきれないものを置いていく。哀しくもはかなく散るように、こうしてみんな、大人になってしまうのだ。

  • 七竃と雪風、大人と子供の狭間の物語。
    共感出来る部分もあれば、私には理解できない部分も。
    全体的に古めかしい文体で、少し辞書が欲しくなる時もありました。

  • 桜庭さんの作品で初めて読んだ本。
    「男なんてみんな滅びてしまえばいい」そう思う七竈にとても共感し手にとった。
    そして、その容姿、顔の表現を「かんばせ」と表している所もとても気に入った。
    母、優奈の狂った行動にも自分に重なるような感覚に襲われ、共感したのを覚えている。
    七竈をはじめ、優奈や雪風など登場人物の様々な感情が交差し、変化していき、最後は親子として接し合える2人を読めてとても良かったと思った。

  • 言葉の使い方が好みでした。七竈と雪風の。あとジュピター目線が面白くて良かった。少女が大人になっていく素敵なお話でしたが、個人的には雪風と逃避行くらいしてほしかったなあ。

  • 七人の男と交わった母が産んだ少女 七竈。
    鉄道が好き。
    男など死ねばいいと思っている。
    自分の美しさを持て余している。
    せまい世界の奇妙な人間関係の被害者。
    自分の身の周りに存在する気に入らないものたち、母を、自分の境遇を、どれだけ許せる?

  • ラノベ感。

  • 主人公はだれもが振り返る「かんばせ」の持ち主。だが本人はそのかんばせをいんらんな母のせいだと思っていていやに思っています。そんなところが美人なことを鼻にかけていなくて憎めません。
    文章も淡々と綺麗に書かれていて割とさらっと読むことができます。

  • 美しすぎる少女の苦悩の物語。

  • 言葉がとても上品で綺麗です。素敵な世界観。

全478件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

桜庭 一樹(さくらば かずき)
1971年、島根県生まれの小説家。
1999年「夜空に、満点の星」で第1回ファミ通エンタテインメント大賞小説部門佳作を受賞しデビュー。
『赤朽葉家の伝説』で第60回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編部門)、『私の男』で直木賞を受賞。他の代表作に『GOSICK -ゴシック-』『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』『赤朽葉家の伝説』などがある。
ゲームのノベライズやライトノベル作品や、山田桜丸名義でゲームシナリオを手がけるなど幅広く活躍している。

少女七竈と七人の可愛そうな大人 (角川文庫)のその他の作品

桜庭一樹の作品

ツイートする