GOSICK II ゴシック・ その罪は名もなき (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.72
  • (154)
  • (351)
  • (314)
  • (31)
  • (5)
本棚登録 : 2726
レビュー : 222
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044281076

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 吸血鬼が出そうなゴシックワールド.出たのは灰色狼.相変わらずのヴィクトリアと一弥のコンビ.楽しみなシリーズです.今回はヴィクトリアの母の謎の一端が溶け,未来がわかる占いの結果で不安材料も出てきました.トリックも面白いけれど一族の歴史的な桜庭ワールドが根幹にあり,次巻が楽しみです.

  • 引き続きGOSICKシリーズ。

    喧嘩して絶交したのをさっぱり忘れてる久城に怒るヴィクトリカが可愛かった。

    ハーマイニアがとにかく怖い。
    水差しに目玉とかこええよ。

    「外の世界から隔絶された灰色狼の村」という舞台がまた素敵。
    しかもその正体は村ではなく…。

    時代が時代だけに占いの結果が気になる。
    というかヴィクトリカも久城と同じこと聞いてたのね…。
    ほんとに可愛い奴だ。

  • おどろおどろしいゴシックミステリーと感じそうなものなのだけれどもそこはやはり桜庭一樹ワールドが溢れる世界で二冊目も一気に読み終わりました。

  • 灰色狼の末裔、閉ざされた村!

  • 意外と早くヴィクトリカの出生が明らかになるんですね~。心ここにあらずなヴィクトリカに一弥と一緒になってもやもやしたけど最後の占い話で全部帳消し。何あのツンデレ!!可愛いすぎる!!一弥の男前なところも相変わらず可愛くて、良いコンビです。

  • 意外と早かった、お母さんの過去が出てきた。
    外出禁止のはずのヴィクトリカはあっさり学園をでてしまった。w

    物語の雰囲気はけっこう好きで一巻に続いての二巻目。今度は山奥のミステリアスな村での事件。
    一巻よりドキドキは少なかったなぁ。

  • ヴィクトリカが学園で灰色狼と呼ばれる理由が判明。周囲と隔離された”名もなき村”で20年前に起こったヴィクトリカの母コルデリア・ギャロの冤罪。それを暴くために名もなき村へやってきたヴィクトリカと一弥。その村で催される夏至祭の最中に巻き起こる殺人事件。その全ての謎を解決したヴィクトリカ。一弥の上のお兄さんのエピソードもちょっと笑えた。

  • 再2015/3/22(日曜日)

  • 灰色狼の伝説残る村での物語。
    ヴィクトリカの母が巻き込まれた事件と共に灰色狼の伝説を解いていくお話でした。
    ヴィクトリカの母はもういないのかと思いきや、なんだか生きているような雰囲気があったので今後の登場が楽しみです。

  • 灰色狼の伝説残る村へ二人旅。
    過去の事件をヴィクトリカの頭脳で解き明かす。

    フランクなやり取りと、
    次々起こる不可解な事件にテンポ一定で読み進められた。
    1巻の迫力と比べるとちょっと盛り上がりにかけるかな?

全222件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

桜庭 一樹(さくらば かずき)
1971年、島根県生まれの小説家。
1999年「夜空に、満点の星」で第1回ファミ通エンタテインメント大賞小説部門佳作を受賞しデビュー。
『赤朽葉家の伝説』で第60回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編部門)、『私の男』で直木賞を受賞。他の代表作に『GOSICK -ゴシック-』『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』『赤朽葉家の伝説』などがある。
ゲームのノベライズやライトノベル作品や、山田桜丸名義でゲームシナリオを手がけるなど幅広く活躍している。

GOSICK II ゴシック・ その罪は名もなき (角川文庫)のその他の作品

桜庭一樹の作品

ツイートする