GOSICK‐ゴシック‐ (角川ビーンズ文庫)

著者 : 桜庭一樹
制作 : 武田 日向 
  • 角川書店 (2011年4月1日発売)
3.88
  • (25)
  • (40)
  • (23)
  • (2)
  • (3)
  • 本棚登録 :347
  • レビュー :26
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044281168

作品紹介・あらすじ

パイプを片手に、恐るべき頭脳で難事件を解決していく不思議な少女ヴィクトリカ。人形とみまごうほどの美貌をもつ彼女だが、性格は超傍若無人!?真面目で誠実な留学生久城一弥はそんな彼女に日々振り回されっぱなし…。そんな中、とある占い師の死をきっかけに、二人は豪華客船で起こる殺人事件に巻き込まれてしまう。次々と命を落とす乗客達、そして明かされる驚愕の事実とは-!?天才美少女の極上ミステリー、開幕。

GOSICK‐ゴシック‐ (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【別レーベルで再読】

    再読で、アニメも見ていて…さすがに読みながら展開知ってる感はあった。ミステリとしても軽めなので、サクサクっと読了。シリーズを読み進めていくための復習といった感じかな。角川文庫で読むとライトすぎる気がするけど、ラノベレーベルで読むと良作に思えるから、何を期待して読むのかは結構重要なのかも。改めて読むと、ちらほらとこれから明らかになっていくだろうポイントもあって、これらのエピソードがいつ語られるのか楽しみ。あとやっぱりイラストは欲しい!

  • 2014/6/11

  • 今頃になって初めて読んだ桜庭一樹作品。かなりライトなミステリ小説で、主人公の片割れが少しだけショタっぽいのが良い。

  • 人はどこまでも残酷になれる。自分が特別だと思った時から、自分より下の人間がいると思った時から。

    安楽椅子探偵かと思いきや、なかなか活動的なお話しでした。
    桜庭一樹さんのお話しの中ではソフトタッチな感じでしょうか。でもやっぱりえげつない描写も多いです、痛みが伝わる感じ。

    ヴィクトリカさんは運動しているのかしら。
    さすがにずっとあそこでジッとしているのは体に悪いどころの話ではない。
    実は階段昇降とかしてるのかも。

  • ドラゴンマガジン掲載時から追っかけてるシリーズ。新刊が出るたびに再読してるので何回目かの再読。最新刊を読めるのはいつになるのか・・・

  • ストーリーが最初の話しから最後まできれいに繋がってて、気持ちよかった。途中までしっかりだまされた…。
    作者さんは男かと思ったけど女の人なのね。
    ストーリーも面白かったけど、なによりあとがきの変な友人たちの話がめっちゃ面白かった

  • キャラや設定がそれなりに凝ってて、シリーズ展開がちょっと楽しみ。

  • 人に歴史ありというか……(悪い意味で
    正直なところ推理小説としては全く楽しめないだろうかと。トリックの内容や事件の見せ方が稚拙すぎる……

  • イラストの繊細なフリル、内容はめくるめく謎解きと友情と恋を行ったり来たりする甘酸っぱさがつまっており文句なしに大好きな作品。桜庭一樹さんの文も歯切れがよくて好きです。

  • 登場人物のキャラが、とってもGood!
    事件の謎が私には最後までわからず、楽しく読み終えることができました。今までになかったような、事件ばかりなので、オススメ☆

全26件中 1 - 10件を表示

GOSICK‐ゴシック‐ (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

桜庭一樹の作品

GOSICK‐ゴシック‐ (角川ビーンズ文庫)に関連する談話室の質問

GOSICK‐ゴシック‐ (角川ビーンズ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする