装甲騎兵ボトムズ〈4〉クエント編 (角川スニーカー文庫)

著者 : 高橋良輔
制作 : 大河原 邦男  塩山 紀生 
  • 角川書店 (2003年9月発売)
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 17人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044284046

作品紹介

パーフェクト・ソルジャーを超える自らの戦闘力の謎を探るべく、辺境の星クエントに降り立ったキリコ。3000年にわたり、アストラギウス銀河のあらゆる紛争地に精強なる傭兵を送り出してきたこの星で、キリコは宇宙の支配者を名乗る存在の"意思"と接触する。その"意思"は告げる-キリコが生まれながらの異能者であり、神の座を継ぐ者だということを!放送開始より20年、伝説のTVアニメの完全ノベライズがついに完結。

装甲騎兵ボトムズ〈4〉クエント編 (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1983年放映のテレビアニメーション「装甲騎兵ボトムズ」の監督高橋良輔氏によるノベライズ版。全4部中の最終部。

     砂漠の星クエントで、ワイズマンの誘う中、徐々に狂気に満ちていくキリコ。それを不安げに見つめるフィアナ、シャッコ、そして3人組。

     しかし、……
     キリコに呪詛の呻きを上げるロッチナ。
     別れはそこに待ち受けている。戦争の道具にしか使われない時代に生きるべきではないと。
     流星となっていく者たち…。

     本放映当時、ビデオは持っておらず、世間一般に広く普及していない中、2度とは再現できない放映を、毎週心待ちにしていた記憶がよみがえる。

全1件中 1 - 1件を表示

装甲騎兵ボトムズ〈4〉クエント編 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

高橋良輔の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

装甲騎兵ボトムズ〈4〉クエント編 (角川スニーカー文庫)はこんな本です

ツイートする