バイトでウィザード―滅せよこの想い、と彼女は哭いた (角川スニーカー文庫)

著者 : 椎野美由貴
制作 : 原田 たけひと 
  • 角川書店 (2003年12月発売)
3.16
  • (2)
  • (10)
  • (63)
  • (2)
  • (0)
  • 176人登録
  • 6レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044287054

作品紹介

夏休みのある日、豊花あてに電話が入った。中学時代に仲良しグループだった榎本沙織が家出をしたという。彼女の行方を探すため沙織の部屋を訪れた豊花と京介。ところが全身黒ずくめの男が窓を蹴破って侵入、豊花を連れ去ろうとしたのだ-「具現屋」と呼ばれるその男と沙織の繋がりは?術者である京介と豊花をつけ狙うその理由とは!?"願い"を操る最強の敵が京介と豊花の前に立ちはだかる、人気シリーズの長編版第4弾。

バイトでウィザード―滅せよこの想い、と彼女は哭いた (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • バイトでウィザード長編第4段、実質第五巻です。
    今回は具現屋というジョブ?のキャラが出てきます。
    実質悪魔みたいな仕事しますけどね。
    今回は光脈流の力を使うことが少なかったです。
    京介が主体で動いていたものの、どうにも全ての事象が希薄な感じがしました。
    エピローグは良かったです。それ以外の印章は薄いかな。
    親父がエアコン代わりに雪を降らせる術を使いまくってるのは、ある意味印象的でしたが。

  • ○2010年3月14日

  • ピーク。

  • 一巻ではないのですがバイトでウィザードシリーズで一番はじめに読んだものです。

  • 長編第四巻。

全6件中 1 - 6件を表示

バイトでウィザード―滅せよこの想い、と彼女は哭いた (角川スニーカー文庫)のその他の作品

椎野美由貴の作品

バイトでウィザード―滅せよこの想い、と彼女は哭いた (角川スニーカー文庫)はこんな本です

ツイートする