ムシウタ〈01〉夢みる蛍 (角川スニーカー文庫)

著者 : 岩井恭平
制作 : るろお 
  • 角川書店 (2003年4月1日発売)
3.55
  • (58)
  • (51)
  • (148)
  • (14)
  • (2)
  • 本棚登録 :574
  • レビュー :45
  • Amazon.co.jp ・本 (342ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044288020

作品紹介・あらすじ

「ねえ、あなたの夢を聞かせてくれない?」人の夢を喰う代わり、寄生主に超常の力を与える"虫"が出現して10年。薬屋大助は通学電車で少女・詩歌と出会い、強く惹かれあう。だが詩歌は"虫憑き"を収容する国の極秘施設からの逃亡者だった。特別環境保全事務局は最高のエージェントにして最強の虫憑き"かっこう"に出動を命じ、容赦なく詩歌を追い詰めようとする!せつなく激しい想いが織りなす、夢みる者たちの聖夜の戦記。

ムシウタ〈01〉夢みる蛍 (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • かっこうがかっこいい!

  • ※途中まで

  • ストーリー自体はそんなに変わったものじゃないと思うけど10年近く前の作品だということを考えれば寧ろこちらの方が先だしまあなんというか...

    謎がまだまだ残ってるので今後に期待。

  • 中古で購入。発売当時から絵がかわいくって気になってた。

    いまいち。

  • 7巻まで読了

  • もう一寸ダークなお話なのかなと思っていたのですが、
    思いの外爽やか&切ない感じのストーリーでした。
    詩歌の成長や、沢山の虫憑きの若者たちの夢の物語なのかな。
    こういうストーリーはあまり読まないので、新鮮でした。
    まだ何者にもなれるかもしれない年代でも、
    あんまり夢がどうとか、其の為に闘ったりとか、
    そういう事は現実の社会では中々できないので、
    物語の中で、キャラクターの心に寄り添って読むのは中々楽しいです。

  • 第1巻を読破。

    というか再読完了です。

    ムシウタ本編がクライマックスってな感じだったんで、最初から読んでストーリーを思い出そうと思いまして。

    実はちょっと前の巻から積読状態になっていまして。

    ああでも、こうやって読み直すとやっぱりおもしろいな、と痛感しましたね。

    「消閑の挑戦者 パーフェクト・キング」をイラスト買いしたのが著者・岩井恭平さんとの出会いで。

    四季童子さんがイラスト担当していたんです。

    そのころはフルメタ読んでいたんで、四季童子さんの名前は知っていて。

    最初は「バトロワみたいなやつか……」と敬遠していたんですが、なんとなく買っちゃって。

    ええ、おもしろかったですよ。

    同い年だってことに「くそう」って思いましたもの。

    苦笑

    さて、この「ムシウタ」シリーズは、人の夢を喰う「虫」に憑かれた少年少女たちの足掻きともがきのお話で。

    “虫憑き”たちが居場所を求めて、夢を叶えようとして戦うわけですが。

    ひさしぶりに読んで気づいたのですが……。

    そうか、“始まりの三匹”は元は人間だった可能性もあるのか。

    もしくはその三人の科学者が造った“虫”のプロトタイプ。

    “始まりの三匹”があまりにも化け物じみているんで、ついつい忘れがちになってしまいますね。

    特に教会と共に出てくる侵父。

    あれ? 浸父だったっけ??

    人間とは思えなかったしなあ。

    あ、“かっこう”を虫憑きにした張本人も肉体はなかったような……。

    そう考えるとやっぱり「科学者が造った」線が濃厚だろうか。

    大喰いだけが人間の中に潜めるくらい人間の形しているしなあ。

    再読なのでストーリーは覚えているわけで。

    わかっているからこそ「うわあ」って思っちゃうわけで。

    そしてちょっとだけ確信が。

    ずっと「死んだ」って言われていた利菜。

    でもちらっと読んだ最新刊にまたまた利菜の名前が。

    そこの文章を読んで「これはいかん。最初からストーリーを思い出す」と思って再読開始したわけですが。

    ああ、確かにあの文章では明確化されていませんでしたね。

    これって偶然なんだろうか……それともすでに予定していた?

    なんて勘繰ってしまいました(;^-^)

    さて、第2巻も読むぞー。

  • 俺の聖書。一番好きなシリーズ。
    未完なので早く続きが読みたい。

    毎度視点が変わる群像劇。
    物語の核となる人物“かっこう”がかっこよすぎる。
    そして夢追い人の強さと弱さのバランスが最高。
    己に克ち、相手にも勝つことでしか手に入れられないものがあるんだよ!

    心が折れそうな時はそっと読み返したくなる。

  • 最近のエロゲーだったら蟲責めとかあるけど、それじゃないよね。

  • 隠れてしまった名作。独特の世界感。それぞれの思いで戦うキャラクター。複雑に絡むストーリー構成。どれをとっても特A級!!! 私の貧相な言語力では説明できない。とりあえず読んでほしい。話はそれからだ。

全45件中 1 - 10件を表示

ムシウタ〈01〉夢みる蛍 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

岩井恭平の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヤマグチ ノボル
有効な右矢印 無効な右矢印

ムシウタ〈01〉夢みる蛍 (角川スニーカー文庫)に関連する談話室の質問

ムシウタ〈01〉夢みる蛍 (角川スニーカー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする