ムシウタ04 夢燃える楽園 (角川スニーカー文庫)

著者 : 岩井恭平
制作 : るろお 
  • 角川書店 (2004年9月28日発売)
3.50
  • (19)
  • (30)
  • (86)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :311
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (362ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044288075

作品紹介

人の夢を喰う代わり、寄生主に超常の力を与える"虫"が出現して10年-すべての虫憑きを支配し、その頂上に君臨する。極秘機関"特環"の最低ランク局員・菰之村茶深の野望は、誰も見向きもしない小悪党の挫折として終わるはずだった。だが逃亡中の杏本詩歌が西遠市に現れたことから、期せずして茶深は虫憑きの根本に関わる秘密に、誰よりも近づくことになる!それは夢みる卑怯者とその相棒が仕掛けた、最高で最悪の悪巧み。

ムシウタ04 夢燃える楽園 (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • もっとダークなのを期待していた所為か、思いの外爽やかで、
    一寸思ってたのと違うなーと思いつつ読み進めていました。
    3巻くらいから癖があるというか、喋り方の変なキャラクターが増えましたが、
    ライトノベルらしさ…という物なのでしょうかね。
    此処へ来て重要人物が揃ってきたので、盛り上がってきたと思います。

  • 茶深は名わき役、今後の展開に大きく作用しそうで楽しみ。
    個人的に猫が好きな私は、オゥルのシーン感動。

  • この巻のサブキャラは個性が強い

  • ラノベ読み漁ってたときに出会った本。
    けっこう暗い設定だけど、それはそれで面白いv

  • 夢はばたく翼に続くムシウタ第四巻。
    菰之村茶深は最低ランクの虫憑き。その夢は全ての虫憑きを支配し、その頂点に君臨すること!
    詩歌が西遠市に現れたことで茶深虫憑きの秘密に誰よりも近付いた。
    それは、最高で最悪の悪巧み。

  • あー、なるほどね、このムシウタは基本的に巻毎に主人公が変わるので、まあ、茶深のキャラがもうピンポイントでいいので、よかったと思う。そして、今巻はすごい所で終わっているので、次巻はたいへん期待してます。

  • 猫ちゃんに涙っ;

  • 世の中に対する不満をいつも口にする少女。
    だがそれにもまた理由があり、彼女には彼女だけの夢がまたあった。

    一見口汚いだけの今作のヒロインもまた虫に憑かれた犠牲者の一人である。
    だが夢の為に自らの身を傷付け大切な物を失っても、失った物たちのために懸命に這い上がる姿に心打たれた。
    最後のほうの魂そのものから吐き出されたかのようなセリフはビビッときた。というかやっぱり泣いた。

    熱い物語り好きな人にはぜひお勧め。

全8件中 1 - 8件を表示

ムシウタ04 夢燃える楽園 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

岩井恭平の作品

ムシウタ04 夢燃える楽園 (角川スニーカー文庫)はこんな本です

ツイートする