消閑の挑戦者3 ロスト・エリュシオン (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : 四季 童子 
  • 角川書店
3.86
  • (15)
  • (6)
  • (21)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 87
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (460ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044288099

作品紹介・あらすじ

夏休み。同級生の春野祥とともに"混沌の街"アウルスシティに降り立った鈴藤小槇は、中心部にある大学を訪れる。貪欲な知と野心が集まるその場所で、小槇は人体実験の末に創られた超人イオと出会う。強大な力を手にいれた代わりに、一日しか記憶が持たない、心優しき少年と友情を交す小槇だが、実験所を狙う爆破事件が発生し…!?春野祥が見つめる中、"完璧な王"が構築した都市で、小槇が人類最強の思考機械として覚醒する-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 混沌の街、アウルスシティでのお話。
    ”超人”と人間、その突然変異、それからネクスト。
    色んなタイプの人間が出てくるのだけれど、それぞれが、本人が思っている以上に(いい?意味で)わがまま。
    それぞれのわがままが交錯して、今作の混沌が生まれている感じでした。
    前2作に比べ、小槙と祥の距離が近づいた…ような気がしたのですが、やっぱり基本的には別々に行動するんだよね、この二人。
    しかし、今回はむしろそれが良かったのかもしれない。
    318ページの小槙と祥の会話を見ていると、そんな気がしてくる。

    ところで、この本出てから10年以上経っているんですね。
    続編…読みたいです…

  • とりあえず、巻が進むにつれて面白くなってきた気がします、このシリーズ。あと漸く少し仲良くなれたんじゃないか、主人公二人?(笑)続きが出たらまた貸してもらおうと思います。

  • シリーズ3作目で医学関係のお話。

  • 今度は医学方面の話。難しい話ばかりだけど、根っこの部分の話は今までとつながっている。俺的に最終的な部分がうやむやになっている点がよい。やるときはやってくれるこの主人公のすごさがたいへんよい。もちろん、普段のぼけっぷりも評価できる。

  •  天才とか超人って言い方を変えれば化け物の一言に人間としての扱いをしてもらえなく成っちゃうんだよね、ということを再確認しました。<BR>
     祥と小槇の関係がゆるやかに変わる様子がいい感じ。<BR>
     ウォリスランド共和国首都アウルスシティを舞台に人工的に作られた天才たちと、小槇が偶然見つけた神の名前を持つチャットメンバーとの人間関係。自分が生きていけない世界なんて必要ないから壊しちゃえという破壊的な考え方。超跳躍ですら超える能力との戦い。<BR>
     人間の脳にメスを入れるということ。倫理面からなのか正義感なのか。良いことなのか悪いことなのか。嫌悪感を顕にするいるると祥とは対照的に「わるいこと」だとは思わない小槇。そうしたいと思うだけの理由があるからこそ、そこにいる被験体をはっきりと友人だと認識したときその笑顔の裏側に隠されたものを見つけたときに何を考えるのか。どう行動するのか。 @異界の書

  •  待ち焦がれた第三巻。2年ぶりの続編。
     主人公・鈴藤小槙とそのパートナー・春野祥、それに小槙のいとこ・鈴藤いるるがメインです。
     今回は脳関係と神話関係です。
     登場人物が多め?なので自分でなぞを解きたい人はメモの用意をした方がいいと思います。
     どこをとってもネタバレのような気がします…結構複雑に絡み合ってます。
     一冊完結型なので、1・2巻を読んでいない方でも読めると思います。

  • <a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4044288097/bestthrow-22" target="_blank"><img src="http://images.amazon.com/images/P/4044288097.09._SCMZZZZZZZ_.jpg" class="booklog-imgsrc" style="border:0px; width:100px"></a><BR>
    待望の続編ようやくきたよ!<BR>
    作者の岩井さんも好きなんだけど、<BR>
    挿絵の四季さんも好きなので待ち遠しさも二倍だったよ。<BR><BR>
    内容はますます消閑らしさに磨きがかかってて<BR>
    理系っぽい単語がたくさん登場。<BR>
    かといって別にそれ系の知識は全く必要なく、<BR>誰でもちゃんと読める内容になってるのは流石。<BR><BR>
    濃いキャラが多いのは、ムシウタも消閑も同じなので<BR>
    その辺は消閑の特徴っていうよりも、作者さんの特徴かな。<BR>
    とりあえず、新キャラの森野イズミが非情に(誤字に非ず)<BR>いいキャラしてます。<BR><BR>
    「終ぉーわりーの歌ーをぅーうたーおうー」

全7件中 1 - 7件を表示

消閑の挑戦者3 ロスト・エリュシオン (角川スニーカー文庫)のその他の作品

岩井恭平の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする