ムシウタ 05.夢さまよう蛹 (角川スニーカー文庫)

  • 292人登録
  • 3.62評価
    • (24)
    • (29)
    • (72)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 岩井恭平
制作 : るろお 
  • 角川書店 (2005年6月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (362ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044288105

作品紹介

人の夢を喰う代わり、寄生主に超常の力を与える"虫"が出現して10年-行かなくてはならない。"大喰い"を倒し、姉・千晴を今度こそ救うために。たとえ大助を虫憑きにしたのが、誰よりも彼に優しかったその姉だとしても。そして、彼を憎むすべての虫憑きたちから追われる身になろうとも!戦いの果てに明かされる、冷酷無惨な死神"かっこう"誕生の秘密-それは、失われたはずの絆が謳う、最高で最悪のバースデイ・ソング。

ムシウタ 05.夢さまよう蛹 (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アリア・ヴァレィの能力? ってこんなのだったのか。なんだか、悲しいなぁ。
    前向きな鮎川 千晴には素直に好感が持てる。最後のシーンはやっぱり感動!

  • 夢燃える楽園に続くムシウタ第五巻。
    大助が虫憑きになった秘密を知る鮎川千晴。旧姓・薬屋千晴。
    今まで明かされなかった“はじまりの三匹”のうちの“三匹目”の秘密に急激に迫る!
    それは、失われたはずの絆が謳う、最高で最悪のバースデイ・ソング。

  • 何、このお姉ちゃん?最高ですよ、先生。

    やっとやっと物語の核心が見えてきた。まだまだ、「ムシウタ」は面白くなりそうだ。

  • 虫憑きを生み出す「始まりの3匹」に関する真実が一つ明らかにされる。それは以前その始まりの3匹のうちの一人だった者。

    始まりの3匹が結局何者かは、明らかにならないが、それを取り巻く虫憑き達の生きるための格闘は胸を焦がす物を味あわせてくれる。

    アニメ化されないかな・・無理だろうな・・というか下手にアニメ化されて雰囲気こわされるのもやだな・・

  • 最近本編の方はかっこう分が足りないなァ…
    とか思ってたらきたよ、これー!!
    今回の主役は大助と千晴の薬屋兄弟。
    大助の覚悟完了っぷりといい、千晴のお姉ちゃんっぷりといい、
    燃えすぎてたまらない。
    内容もかっこう誕生についてや"始まりの三匹"の謎に触れたりと
    話の核心に近づいてきたと感じさせてくれて、続刊が待ち遠しい。

    それはそうと表紙の千晴おねえちゃんが色っぽくてヤヴァイデス。

  • 『ムシウタ』シリーズの第5巻。『カッコウ』は一体どうなる…;;と、気になってしまいます。『ムシ』に憑かれた人たちが織り成す人間模様と、繰り替えされる『夢』をかけた戦闘…ストーリーもキャラも独特で本当に面白い☆
    読むとすぐに続きが気になってしまうんですよね〜、ふぅ;;

全6件中 1 - 6件を表示

ムシウタ 05.夢さまよう蛹 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

岩井恭平の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ムシウタ 05.夢さまよう蛹 (角川スニーカー文庫)はこんな本です

ツイートする