ムシウタ09 夢贖う魔法使い (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : るろお 
  • 角川書店
3.60
  • (16)
  • (20)
  • (45)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 232
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (444ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044288174

作品紹介・あらすじ

虫憑きの力をビジネスに利用しようと、杏本詩歌へ"契約"を申し出た少女・赤瀬川七那。詩歌は"むしばね"の新たな支援者となった彼女と共に、この国の経済を激変させた三つの転機"エンクロージャー""バブル""パラダイムシフト"の全ての原因"始原の虫憑き"を落札すべく、命を賭けたオークションに参加する-虫の"根源"を見つけるために!それは、凍てついた心を魔法のように溶かす、最高で最悪のパンドラ・ボックス。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 若くして、赤瀬川財団のトップを務める少女・赤瀬川七那(あかせがわ・ななな)が、「むしばね」のアジトを訪れ、「虫憑き」の派遣ビジネスの構想を語ります。「むしばね」のリーダーとなった詩歌は、行方不明となっている協力者の宗像槐路(むなかた・かいじ)を見つけ出すことを条件に、七那との交渉をスタートすると約束します。その後七那は、経済界を動かす12人のメンバーたちが集結する「円卓会」に乗り込み、宗像の行方をさぐりあてます。

    さらに七那や宗像たちの前に、サザビィと名乗る男が現われ、「α」と呼ばれる始原の「虫憑き」をめぐるオークションの開催を告げます。かつて「魔法使い」と呼んでいた鬼道(きどう)ツカサという「虫憑き」を慕っていた七那は、みずからの手で「虫憑き」の謎を明らかにしようとして、オークションに参加することになります。

    今回は、ビジネスの世界に生きる七那が主役を張っているということで、これまでとはかなり趣向の異なる内容になっています。経済界の大異変と「虫憑き」とのかかわりが示唆されており、意外にもスケールの大きな話になってきましたが、著者がどのように結末をつけることになるのか、期待したいところです。

  • ちょっと毛色が違ってきたかと思わせて、核心へと進んでいます。
     経済の話ではなく、人の話に行くんですね。

     初めてのムシツキは何を語るのか。

  • やっと読了
    宗方ぁあ!! なみえかわいいよなみえ

  • 初めて虫憑でない赤瀬川七那が主人公に。
    今までの戦闘や虫憑であるが故の悲哀が描かれることが少ない代わりに、物語の核心にかなり迫った。

    前の巻からだいぶ時間が空いてしまったので、思い出しつつ読んだけど、キャラクターが増えてきて把握し切れていない人も多々…。
    ストーリーの筋が大体わかっているけど、次巻がでるまで覚えておけるか…。

  • 最新刊をやっと読み終わった。
    やはりキャラの個性が良い!

全5件中 1 - 5件を表示

ムシウタ09 夢贖う魔法使い (角川スニーカー文庫)のその他の作品

岩井恭平の作品

ツイートする