ムシウタ 10.夢偽る聖者 (角川スニーカー文庫)

著者 : 岩井恭平
制作 : るろお 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年5月1日発売)
3.90
  • (12)
  • (22)
  • (13)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :202
  • レビュー :15
  • Amazon.co.jp ・本 (413ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044288235

作品紹介

「あたしには"虫"を消しちゃう力があるんですよ」。南金山叶音がついた、ひとつのウソ。そしてカノンのウソを守るため、沢山のウソをつき続ける虫憑きの少女・環。その環の能力により、カノンの周りに虫憑きが集い始め、ついには"神"として崇めるようになる。そしてウソを完成させるため、ついにはハルキヨや杏本詩歌を生け贄に捧げることになり-。今、虫憑き世界を揺るがすトリガーが引かれる。

ムシウタ 10.夢偽る聖者 (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これだけ間を開けておきながらまだ新キャラを出して風呂敷広げるつもりか、畳む気あんのか?だったら3年も空けるなよぉぉぉ。

    と思いつつ、あとがきでこれからはラストスパートと書いてあるから信じるよっ。

    どう終わらせるのか全く見えないまま話がずーっときてるから、見通しというか軸が欲しいっ。

  • そろそろクライマックスを感じます。
    とうとう、とんでもない能力を持った虫つきが出てきてました。

  • 待ちわびた続きでした。
    また新たに登場人物が出てきたり、過去の主役だった人が現れたけど、関係性忘れるくらいまで、続巻が出る期間が長かったです。

    主人公どこにいったんだろう。
    そして、どういう終わり方をするんだろう。
    ここまで読んできたんだから最後まで、お付き合いしたいと思います。

  • ■キャラがゴチャゴチャしてきた。■…あれ?かっこう出番…あれ?主人公だよな?■嘘って凄いな

  • 話の展開がぐだぐだ長引いたけど楽しめた。

    最後の次巻へのつなげ方がうまい!

  • 嘘つきの物語。 騙された! 最後、大喰いから生まれたということは……続きが気になる。

  • 読了 2010/5/28

    自分は虫を消せる・・・・・・
    カノンのついた嘘で始まる物語。
    その嘘を護る為、親友・環の重ねる嘘の連鎖。
    二人の友情とか、嘘の生んだ仲間達との繋がり、
    そして、決別とか、暖かさとか、切なさとか、
    痛々しさが混ざったようなそんな雰囲気が、
    最初から最後までノンストップに感じられる。

    読了後はやるせない気持ちが残っていたり。
    次巻が楽しみですw

  • 二人のついた小さな「嘘」がどんどん大きく、取り返しがつかなくなっていく姿に言い知れぬ不安を覚えつつ、一気に読み進めてしまった。つか珍しく「あの人」が出ないなあと思ったら最後……!!意味ありげにでてきたあのひとが次巻でどう動くのかも楽しみ。

  • 鯱人が一番好きだわやっぱ

  • ラストに震えが来た

全15件中 1 - 10件を表示

ムシウタ 10.夢偽る聖者 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

岩井恭平の作品

ムシウタ 10.夢偽る聖者 (角川スニーカー文庫)はこんな本です

ムシウタ 10.夢偽る聖者 (角川スニーカー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする