くちづけでは長く、愛には短すぎて―されど罪人は竜と踊る〈4〉 (角川スニーカー文庫)

著者 : 浅井ラボ
制作 : 宮城 
  • 角川書店 (2003年12月発売)
3.45
  • (55)
  • (45)
  • (228)
  • (1)
  • (2)
  • 本棚登録 :606
  • レビュー :35
  • Amazon.co.jp ・本 (342ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044289041

作品紹介・あらすじ

竜の顎から少女を救い出した俺達は、柄にもないことに彼女の故郷を探す旅に出た。俺、ガユスと相棒のギギナ、少女アナピヤと猫。かつて俺が味わったことのない幸せな気分で始まった、3人と1匹の旅は…どうしてか兇悪卑劣な咒式士5人組に追われ、やっぱりと思うまもなく、加速度的に事態は悪化してゆく。これは前途多難というより、すでに脱出不可能な大事件なのでは!?シリーズ第4弾は、恋のロードムービーのはずなのに。

くちづけでは長く、愛には短すぎて―されど罪人は竜と踊る〈4〉 (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • グロい、相変わらず。

    恋愛面で続きが気になる。

  • 容赦なさすぎてヤバイ。鬱だ

  • このシリーズの中で1番好きなサブタイトル。移籍してからはサブタイトルが英語になってしまって残念だと思うくらい。しかし内容は…読むのにパワーを要する。グロい場面をなるべく脳内で想像しないように頑張った。

  • タイトルのセンスは中々好き。
    一体どう結論づけるのか、と思いながら読んでいたら、初の上下巻だったというオチ。

    個人的にジヴとガユスが好きなので、ジヴが随分と全面に出てきているこの巻は好き。

  • やっぱりガユスには変態に好かれるなにかがあるのかもしれない。

    ラストのユラヴィカとチェデックの会話がなんとも泣ける。
    チェデックは幸せになって欲しいキャラだ。
    こんな男を相棒にしてたら、ユラヴィカだって何か変わると思うのに。

  • 上下合わせて最高傑作だったと思う

  • 暗黒のアナピヤ編の前篇。
    読む人は心せよ。
    まともな登場人物が少なすぎです。
    でもまだこの巻は平気なほう。

    心の病んでる方は読んだ方が良いのか、悪いのか・・・。

  • され竜シリーズ四作目。
    がガガガ文庫に移籍してからまだ姿を見せない(おそらく永遠に見せないであろう)アナピヤが初登場します。

  • 読んだー!
    でもコレ以外には二巻しか読んだ事ないから、
    内容はやっぱりさっぱり解んなかった;
    でも何となくな所は掴めた気はする!
    詳しい事解んなくても充分楽しめた!

  • このシリーズ上一番ともいえるグロ話の前編です。
    これは本当えぐかった。
    いい話だけど悲しかった。

全35件中 1 - 10件を表示

浅井ラボの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

くちづけでは長く、愛には短すぎて―されど罪人は竜と踊る〈4〉 (角川スニーカー文庫)はこんな本です

ツイートする