涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : いとう のいぢ 
  • 角川書店
3.64
  • (1029)
  • (905)
  • (2250)
  • (119)
  • (42)
本棚登録 : 7968
レビュー : 984
  • Amazon.co.jp ・本 (307ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044292010

作品紹介・あらすじ

「ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上」。入学早々、ぶっ飛んだ挨拶をかましてくれた涼宮ハルヒ。そんなSF小説じゃあるまいし…と誰でも思うよな。俺も思ったよ。だけどハルヒは心の底から真剣だったんだ。それに気づいたときには俺の日常は、もうすでに超常になっていた-。第8回スニーカー大賞大賞受賞作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 世間のごく一部で超新星級に爆発的な人気を博している、ライトノベルシリーズの第1巻。

    …という予備知識だけで読み始め、「高校生版"げんしけん"かな」と勝手に誤解し始めたところで、長門。

    何コレ?

    軽い混乱を覚えつつ読み進めると、放課後。

    はい?

    思わず声を出してのけぞりたくなるようなあり得なさ。あり得ないんだけど、それをすんなりと受け入れるほかない巧みな展開。これだけの無茶をやって、全く破綻することなく話がまとまってしまうのですから素直に驚くしかありません。ううむ、谷川流氏とやら、なんて才能だ。

    キョン君の妙に冷めた喋りがナニゲにツボです。

  • とりあえず本棚に最初に入れたいライトノベルとして。

    これを他のライトノベル作品と区別しているのは、その圧倒的語彙量のためである。文体も若者っぽさを出しながら軽くなりすぎず、「ライトノベルをライトノベルとして割り切って読む」ときのあの感覚とは別の何かを感じさせてくれた。そういう意味では一線を画した作品ではないかと思う。


    長門有希への熱い想いについては割愛する。

  • 破天荒かつ本人は無自覚の、ある能力を持った女の子に振り回される主人公の様子を描いた学園SF小説。

    主人公一人称の語りで展開するのですが、この独特の言い回しや比喩表現が何とも言えずくせになりそう(笑)

    登場人物たちもキャラが濃くて(先にアニメ版を見ていたからそう感じるのかもしれませんが)全員魅力的です。

    またキャラや語り口だけでなく、難解な語彙も使うことでSFとしての面白さ兼ね備えているあたりもすごい!

    こんなにも売れているだけのことはあるなあ、と偉そうにも思ってしまいました(笑)

    第8回スニーカー大賞〈大賞〉

  • 侮るなかれ

  • 青春 心がひりひりします

  • なるほど哲学的

  • ライトノベルの良さである読みやすさがとても感じられ、続きも気になる作品だった。しかし、内容自体は面白みに欠けていたような気がした。

  • 割と真面目に人生を変えたライトノベルです。

  • 割とSFだった。

  • 谷川流の"涼宮ハルヒ"シリーズの記念すべき第1巻です。2003年の作品なので、もう10年経ったんですね。セカイ系とかいう言葉が流行ったのもあの頃かな?2006年にはアニメ化もされ、かなり話題になりました(2期はアレでしたが…)。今読んでも、キョンの一人称での物語進行が素晴らしいです。通常の小説での神視点ではなく、キョンが知っていることしか読者も知らされないというのは、物語に自分を投影するには最適だと思います。長門有希、朝比奈みくる、古泉一樹、朝倉涼子など登場キャラも魅力的で楽しい作品です。

全984件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

2003年、第8回スニーカー大賞<大賞>を『涼宮ハルヒの憂鬱』で受賞し、デビューをはたす。ほかに『学校を出よう!』(電撃文庫)などがある。

「2019年 『涼宮ハルヒの驚愕』 で使われていた紹介文から引用しています。」

涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

谷川流の作品

涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)に関連する談話室の質問

涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする