てのひらのエネミー〈2〉魔将覚醒 (角川スニーカー文庫)

著者 : 杉原智則
制作 : 桐原 いづみ 
  • 角川書店 (2004年6月29日発売)
3.40
  • (1)
  • (2)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :30
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044300029

作品紹介

魔王復活をうけノール領で大規模な"魔法使い狩り"が始まった。次々と捕まる者のなかにはアウルの友人ゼットの姿も。さらにダイアンまでもがパリス軍に連行される。彼女を人質に、アウルに魔王であることを自白させる狙いなのだ。覚えたばかりの魔力を使いこのピンチを脱しようとするアウル。だがその僅かな力でさえも奪われる!アウルは友と愛する人を、そしてノールを救えるのか?大逆転、起死回生のマジカルノベル第2弾。

てのひらのエネミー〈2〉魔将覚醒 (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1巻に対して後編に当たるのがこの2巻です。
    どんな世界でも王道のように教会ってのは、「悪」になっていますね。
    その「悪」と戦う姫や主人公の少年の成長が面白いです。
    エピローグでは悲しい結末が…。
    いじめられっこの主人公の少年が最後にはきちんと「魔王」になるのは良いですね。
    面白かったです。

全1件中 1 - 1件を表示

てのひらのエネミー〈2〉魔将覚醒 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

杉原智則の作品

てのひらのエネミー〈2〉魔将覚醒 (角川スニーカー文庫)はこんな本です

ツイートする