黄金拍車〈2〉異次元騎士カズマ (角川文庫―スニーカー文庫)

著者 :
制作 : 安彦 良和 
  • 角川書店
4.00
  • (4)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044302023

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 内容(「BOOK」データベースより)
    「えっと…和馬クン、あなたが好きです」げっ、全サッカー部員憧れの“ミス東高”からの信じられないラブレター。自慢じゃないけど、今までモテたことないオレに、一生1度の大チャンス。頭に血がのぼり、ドキドキ中、突然襲った大地震―ふうっと、目をあけて、オレはぶっ飛んだ。なんだ、これっ!ローソクに照らし出された紅毛碧眼の顔、顔、顔っ!服装も、部屋のインテリアも、これじやまるで三銃士の世界。左手に肉の焦げる焼印を押され、牢に入れられたオレは、どうなっちゃうんだ。せっかくデート中だったのに!

  • なにがなんだか、わからないうちに、突然、紅毛碧眼いりみだれる、中世三銃士のような血なまぐさい世界にとびこんでしまったオレ、桂木カズマ。憧れのエトワール姫が率いる〈星の騎士団〉に加わったオレ。だけど、今度も納得できないんだよナ。神が定めた黒い瞳と青い髪の持主が、乱れた国を救うと言う〈伝説の勇者〉に突然、したてられたんだから、オレって演技力ペケだし、どうしよう。これって、ほとんどカタリの世界。もう、ゆるせない

全2件中 1 - 2件を表示

王領寺静の作品

ツイートする