花が散る春―蜜柑山奇譚 (角川文庫―スニーカー文庫)

著者 : 大和真也
制作 : たがみ よしひさ 
  • 角川書店 (1988年8月発売)
3.46
  • (3)
  • (0)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :25
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044317010

花が散る春―蜜柑山奇譚 (角川文庫―スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • そろそろ続きを書いてくれないでしょうか。

  • 話はともかく、設定やネーミングに惹かれる。いや、話もおもしろいよ。

  • 神が住むという蜜柑山周辺を舞台に展開するお話しです。

    神とか、宇宙人とか、いきなり当り前に話の中に出てきて、最初はかなり戸惑うこと請け合い。
    好き嫌いのはっきりするタイプのお話しなので、一般的ではなし。
    今までの大和眞也の感覚で読むと、かなり違うので、その辺りは要注意。

    挿絵は、たがみよしひさなので、そっち経由で読んでみたのだが……。

全3件中 1 - 3件を表示

大和真也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

花が散る春―蜜柑山奇譚 (角川文庫―スニーカー文庫)はこんな本です

ツイートする