ロレックスに口づけを (角川ルビー文庫)

制作 : 沖 麻実也 
  • 角川書店
3.58
  • (9)
  • (8)
  • (28)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 99
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044336059

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【※BL注意】

     もう、本当に初期のBLですね。初期も初期! 大初期です。
     下手したら「JUNE」と呼ばれていた頃のものかもしれません。
     まあ、何でそんなものを私が読んでいるのか、理由はさておいて。
     物語は、県立城東高校生徒会副会長・新島重起と私立祠堂学園生徒会長・竹内均の間の出来事。
     重起は、朝起きたら、みんなの憧れである竹内と同じベッドの中で寝ていた……という状況に戸惑って、そこから逃げ出してしまう。
     実は重起は、随分と前から竹内のことを知っていて、憧れていたのだった。
     けれど、突然の出来事にパニックを起こした重起はその場から走り去ってしまう。
     一方の竹内も、実は重起のことを想っていたが、これで自分の想いを断ち切れる! と思い、いつも通りの生活を送ろうとし始めた。
     けれど、城東生徒会の副会長でもある重起は、ことあるごとに竹内の前に現れ、竹内の望む……けれど、竹内が望まない行動を取っていく。

     一方の重起はそうやって竹内の心を振り回していることを知らず、ようやく自分の気持ちを自覚したのだが……

     という話でした。
     まあなんというか、ぐぐっと懐かしさに浸れる話でしたね。
     まず、始まりが「学生寮」っていうのがいい! すっごくいい!
     もうこれはBLの中では王道中の王道ですけど、いやあやっぱり古い校舎の「学生寮」ってまた随分と耽美な響を持って聴こえてきますよね。
     いやあ……なんというか、文化遺産に近いような気持ちにさせられます。
     話はこの本が「長編始めて」と作者さんが言っていたのですが、そんな読みにくさは感じず、普通に面白かったです。
    「あー……この時代って携帯ないんだ」
     ってのもなんだか、時代を感じて面白かったのですが、古きよきBLを読むには是非読んでみてもいいのではないのでしょうか?
     まあ、今のBLを読みなれている人には、大分刺激が少ない作品だと思いますが、JUNEと言われていた時代から、この道を切り開いてこられた作者様に敬意を示して、この評価です。
     たまには初心に戻るのもいいかもしれないです。

  • これも探し物をしてたら出てきたので再読してみました。
    画像がないのが残念だけど、表紙に一目惚れして買った本。
    当時はルビー文庫が何たるかも判ってなくて
    読んでみたらBLだったので吃驚した覚えがあります。

    とはいうもののそれ系の露骨な描写は殆どなく
    むしろ心の動きを丹念に追うタイプの進め方で
    なんかキュンキュンしながら読んでたような。
    性別ありきの恋愛感情という描き方ではなかったからか
    (同性だから恋した、ではなく恋した相手がたまたま同性だった、という)
    そんなに抵抗なく読めてしまいました。

    出てくる小道具に時代を感じつつもさらっと読了。
    長めの話の割に短時間で読めてしまうので、また手に取ると思います。

  • 学園の話

  • タクミくんシリーズよりこっちのほうが好きだったりする。今も昔の子もがんばる子が好き。

  • これは、私の全生涯の中で一番好きな本です。

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

静岡県に生まれる。ピアノ教師を経て小説家に。著作に「タクミくん」シリーズ、「カナデ、奏でます!」シリーズ、『崎義一の優雅なる生活 BLUE ROSE』『崎義一の優雅なる生活 エリカの咲く庭』などがある。

ごとうしのぶの作品

ツイートする