恋のカケラ 夏の残像(シーン)〈4〉―タクミくんシリーズ (角川ルビー文庫)

制作 : おおや 和美 
  • 角川書店
3.47
  • (10)
  • (11)
  • (36)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 164
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044336240

作品紹介・あらすじ

託生が参加するサロンコンサートが近付くなか、近くを訪れていた三洲と真行寺も合流し、祠堂メンバーが揃うことに。三洲の祖母が初恋の人から譲り受けた地図をもとに、謎解きを始めたギイ達によって、九鬼島と縁の人々の思いがけない秘密が明らかに!?一方、佐智の寂しさに寄り添うギイに、託生はいつになく複雑な思いを抱き…。鮮やかな思い出たちと過ぎていく高校三年の夏休み。『夏の残像』完結編!ギイとともに向かった、兄の墓参りを描く「夕立」他、短編3作も収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 以前、「暁を待つまで」が文庫じゃなくて良かった、と書いたけれど、この「夏の残像4部作」もそうね。文庫で読みきりシリーズなのに続くってのはなあ。大判で2冊とかにできたんじゃ?でも、雅彦くんが可愛いので許す(^_^;)。タクミの肩に寄りかかって寝てるところが挿絵だったらもっといいのにー。

  • 恋のカケラ/真行寺三洲
    夕立
    青空は晴れているか。/真行寺三洲
    青空は晴れているか。のその後/真行寺三洲

  •  新刊に向けて再読。
     夏休みでは一番好きな巻です。
     3年生になってから、2人のラヴラヴが少ないので、夏休みで堪能してます。

  • 2週間くらいかけて、シリーズ6冊読んでます。

    6年かかった長い夏休みもようやく終わり。
    まさかの着ぐるみには笑いも。
    あれだけの人数が偶然にしてもあつまるなんて、あり得ないと思いますが…。
    宝探しの骸骨の謎が結局謎のままじゃないでしょうか?
    祠堂学院カップルだらけで、そろそろ組み合わせも登場人物もわからなくなってきたなぁ…。

  • 2008年11月19日

  • 08/5/16
    前半のコスプレは大爆笑ww
    色々と詰め込みすぎて収拾つかなくなった感があるのですがこれ以上巻を進めると長すぎる夏休みになるのでしょうがなのでしょう。
    カップルたちは砂吐くほどラブラブなので和ませていただきました。
    『普通の高校生が、あんなにギイを夢中にさせるの?』205P

  • 全員集合。着ぐるみ姿は不意打ちのボーナスのよう(笑) ダルメシアンな赤池くんが可愛い! 三洲くんのウサギ姿もイラストで見たかった…!(切実) ただ、『宝探し』についてはイマイチしっくり来なかったのが残念。もう少し深い話があるのかと期待していたのですが…。(2008.03.23読了)

  • 待ち過ぎた。笑。

  • 三洲のウサギ着ぐるみで最後までお腹いっぱい

  • 相変わらずゆるーく、ぬるーく進行中...。
    でもきっと次も買ってしまうんだろう。
    結局好きなのか...。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

静岡県に生まれる。ピアノ教師を経て小説家に。著作に「タクミくん」シリーズ、「カナデ、奏でます!」シリーズ、『崎義一の優雅なる生活 BLUE ROSE』『崎義一の優雅なる生活 エリカの咲く庭』などがある。

「2017年 『闇にあかく点るのは、鬼の灯か君の瞳。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

恋のカケラ 夏の残像(シーン)〈4〉―タクミくんシリーズ (角川ルビー文庫)のその他の作品

ごとうしのぶの作品

ツイートする