誰かが彼に恋してる タクミくんシリーズ (角川ルビー文庫)

制作 : おおや 和美 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.73
  • (13)
  • (12)
  • (16)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 156
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044336271

作品紹介・あらすじ

ギイに誰かが恋してる-?戸惑いや不安を感じつつも、ギイの深い愛情に包まれ、強くなろうと決意するタクミ。文化祭直前の賑わいの中、周囲の目を忍び過ごす時間に、一層絆を深めるタクミとギイだが、そんな2人を見つめる視線に、タクミはまだ気づくことなく-。恋に進路に悩みつつ、ギイの惜しみない愛情を受け、成長しようとするタクミとそんな彼を全力で愛そうとするギイ。「お前のこと、オレが絶対守るからな-」2人の絆が心を熱くする感動の2学期バージョン。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • はっきりいって「何だコリャ(ーー;)」だった。一年待たせて、進んだのこれだけ?って感じ。前巻ラストで出た伏線を、全く拾ってないで次回に持ち越しとは。持ち越すほどのエピソードなのか?という疑問が。で、このシリーズは「どこから読んでも大丈夫」だったはずなのに、そうじゃなくなったのも残念。田野倉はこのシリーズのファンではないので「残念」で済んだけれど、待ち焦がれている人にとっては裏切りにも近いんじゃ…と思った次第。一年待たせるなら、もう少し濃い内容でお願いしますよ。

  • ギイとタクミのほのぼのラブラブの巻。
    この1冊では(色々な【伏線】の匂いはするけれど)いたって普通の日々。この先どう転がって行くのかなぁ?早く続きが読みたいよ。

  •  新刊発売にむけて再読。
     ギイの寝込みを襲ったのは朝比奈だと思うのですが、その寝込み話を「タクミがした」ことにしたギイの真意がわからないなぁ。
     朝比奈くん、逆恨みしそうな。気がする・・・。

     ギイとタクミの周りを取り巻く友人達が好きです。矢倉くんと赤池君がけっこう名コンビ。
     矢×八とギ×タのダブルデートとか、なんか読みたくなるなぁ。タクミと八津が仲良くしてる横で、矢倉とギイがなんかふたりで合流場所きめて、別れるタイミングを計ってそうです。

  • 2010年

  • タクミくんシリーズの12月新刊ですね
    全巻揃っているのですが(母の物デスがw)、読むのは久々ですね
    すっかりと知らないキャラが増えているのですが、そこは軽くスルーして読ませて頂きました
    一応、他の巻も斜め読みで3年生編は半分くらいは読んでいるので、何となくは分かるんですけれどね

    BL物ではありますが、Hシーンもないので読みやすい作品かなと、思います
    ごとうしのぶ氏は、BL業界では古株どころではない方ですしね
    物語も読みやすいので、あっという間に読んでしまいました
    年一回しか出ないので、続きが出るまで長いのですが、無理せず書いて頂きたいですね

    2011.9.26 2回目読了

  • さして物語的に進展は無いのですが、軽い読み口で楽しく読めます。
    シリーズファンならぜひ。

  • 高林くんが…w

  • いつまでたっても話が進まない。いいかげんにして!という感じ

  • 最近「ギイって可愛いなぁ」と思うようになった。
    歳をとったと思う瞬間でもある…orz

  • 09/12/01

    ・美貌のディテイル
    ・緑のゆびさき
    ・花散る夜にきみを想えば
    ・彼と月との距離
    ・Pure
    ・フェアリーテイル
    ・夏の残像
    ・隠された庭
    ・薔薇の下で
    ・恋のカケラ
    ・プロローグ
    ・誘惑
    ・誰かが彼に恋してる

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

静岡県に生まれる。ピアノ教師を経て小説家に。著作に「タクミくん」シリーズ、「カナデ、奏でます!」シリーズ、『崎義一の優雅なる生活 BLUE ROSE』『崎義一の優雅なる生活 エリカの咲く庭』などがある。

「2017年 『闇にあかく点るのは、鬼の灯か君の瞳。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

誰かが彼に恋してる タクミくんシリーズ (角川ルビー文庫)のその他の作品

ごとうしのぶの作品

ツイートする