聖夜(イブ)のクレスト―ダダ&一也シリーズ (角川ルビー文庫)

著者 : 尾鮭あさみ
制作 : 西 炯子 
  • 角川書店 (1997年8月発売)
3.44
  • (2)
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :15
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044337131

作品紹介・あらすじ

ただの主従関係ではなくなりそうな己斐の存在にピリピリし、眠れぬ夜を過ごす美貌の魔道士・一也。ある夜、家に賊が侵入、祖父・天龍斎の日記を奪おうとする。一方己斐は、バイト先のライヒ教授にそそのかされ、ヨーロッパに向かうことに。己斐を取り戻すべく、一也も彼を追ってベルリンそしてパリに渡るが!?謎の魔術秘伝書をめぐって愛とロマンが吹き荒れる怒濤の海外激動編。

聖夜(イブ)のクレスト―ダダ&一也シリーズ (角川ルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「フロスティ・ムーン」
    「聖夜のクレスト」

     2編収録、ダダ&一也シリーズ第6弾

     しかし、あからさまに――次巻に続きます。(^^;)
     最初の完結前後編の前編。
     アンソロジー集「妖花」に掲載された番外編「天龍斎日記」もずいぶん絡んできますが、読んでなくてもだいたいのところは誰かしらが説明してくれるので、問題ないかと……。

     「ルージュの嵐」で、一也さまの己斐への気持ちが、己斐に伝わってしまいながらも……タイミングを逸して膠着状態に陥った主従の前に、祖父の交わした約束による一也さまの婚約者ウィルヘルム・ライヒ教授が登場。
     己斐を引き離し、一也さまを手に入れようと――。

    「フロスティ・ムーン」
     一也さまがめずらしく、気持ちのうえで“デレ期”に入ってらっしゃいます――というか、彼は自覚してしまうと、自分自身を誤魔化すことはなさいませんからねぇ。

    「聖夜のクレスト」
     レビューとか感想とかからはちょっとそれますが、この話の中でしれっと流されてる、一也さまの臨時のお仕事――作者ご自身が、自費出版(平たく言って、同人誌)で発表されてますよね。
     完結までのページ数がもっとあれば、番外編として文庫の巻末へ収録されててもおかしくなかったくらいなのに……そこが、少し残念なところです。

全1件中 1 - 1件を表示

尾鮭あさみの作品

ツイートする