1999年の夏休み (角川ルビー文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.56
  • (3)
  • (4)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (148ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044340018

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 同名映画のノベライズ。
    懐かしの作品。

    少年、寄宿舎、夏休み、と、「そういう舞台設定」がある種わくわくさせるというか、ヨコシマな何かを期待させるというか。

  • 映画の方は未見です。小説と言うより、詩のような、脚本のような、独特の描写でしたが、映画の雰囲気や空気感が伝わってきました。映画のワンシーンの写真も多く収められています。映画も是非見てみたいと思いました。

  • 映画のノベライズとも違う。
    映画を元にした、オリジナル風と考えた方がいいかも。

    けれどあの映画独特の美しさ、幻想的な雰囲気を失わず、たった4人の登場人物の心の流れを描いている。
    流石はこの著者。

    今でも時折読みたくなる作品。
    映画と共に大切にしたい。

  • これは深津絵里さんが出演されている映画を先行で観た。その後ルビー文庫から本が発売されていると聞いて購入した。

    その頃はまだ1999年などはまだ先の話で、未知の世界だった。
    ノストラダムスの予言は下火になっているころだが、私は半信半疑でもしかしたら……なんてことも考えていた。

    子どもだった私はこの『1999年』というキーワードに心魅かれ、その世界観の虜となった。
    まぁ、コミケなど同人誌など没頭していた頃なので同性愛という部分も魅惑的に感じていましたが。(笑)

    映像先行だったので、横浜の大倉山の図書館(だったかな?)がなんとも幻想的な世界を拡げさせていた。

    私は本を手にすることでこの1999年の4人を私の中に閉じ込めたかった。
    永遠にさせたかった。
    (これと同じ理由で桜の園のルビー文庫も購入した)
    本の中では歳をとらず、読み返せば永遠と同じ物語を繰り返す。
    愛、友人、死、謎。

    果たして彼らは永遠の本の中で何を思うのだろうか?

    ――――――
    これ『トーマの心臓』が原案なんですね。知らなかった。(忘れてた?)

  • 映画をその昔、渋谷のTSUTAYAで探して観ました。
    その時の気持ちを思い出したかったのと、手持ちの「身毒丸」の脚本が岸田さんだったので面白そうと購入。
    併せて、同じくトーマの心臓をモチーフにした恩田陸「ネバーランド」も読みました。
    一夏の夏休みこんな寮で過ごしてみたい、そう思わせる綺麗な描写がいくつかありました。
    映画の感じは思い出せなかったのですが、こんなお話だったかと改めて感じ入りDVDを購入しようかなと思っています。

  • 漫画トーマの心臓を元にした作品ということで
    気になって気になって購入したもの

    ああ、こういうトーマの心臓も
    あるのかぁって思いました
    原作は愛をテーマにしてたけども
    この作品は嘘をテーマにしてる気がした

    今度は映画も見てみたいです

  • 同タイトルの映画のノベライズ。映画を見た後に読んだ方が理解が深まるかも。
    映画の写真も載っています。

全9件中 1 - 9件を表示

岸田理生の作品

ツイートする