子供(ガキ)の領分〈ACT・1〉ナメてんじゃねぇよ (角川ルビー文庫)

著者 : 吉原理恵子
制作 : 如月 弘鷹 
  • 角川書店 (1996年9月1日発売)
3.45
  • (12)
  • (10)
  • (41)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :139
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044342098

作品紹介

容姿端麗、茅野家長男-陽一。無愛想、茅野家三男-大地。そして、茅野家次男-広海。彼の悲劇は、この兄と弟にはさまれて、育ったことから始まった。広海の明るく、正しい(?)学園生活を描く、吉原理恵子、初の長編書き下ろし。

子供(ガキ)の領分〈ACT・1〉ナメてんじゃねぇよ (角川ルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あんまり展開がなかった。

  • なつかし本を再読キャンペーン
    たぶん10年前くらいから読んでる。最新まで追ってないので持ってる分読み返したら続き集めようかと思ったり思わなかったり。如月さんの絵が超若い。

  • 三兄弟物。キャラクターが皆個性派です(笑
    あまり、というかほとんどBLじゃありません。
    エロあるのは『be under』だけです^^;
    シリーズ14巻以下続刊【エロ度:★☆☆】

  • 2007/03/05

  • BL小説のはずなのにBLっぽくないがコンセプト?な小説。正直二次創作では大丈夫なものの、商業誌でのBLがためだった私でも抵抗なくすんなり読めました、広海をはじめとするキャラクターたちが実に濃く、とてもおもしろいですw

  • 容姿端麗、茅野家長男―陽一。無愛想、茅野家三男―大地。そして、茅野家次男―広海。彼の悲劇は、この兄と弟にはさまれて、育ったことから始まった。広海の明るく、正しい(?)学園生活を描く、吉原理恵子、初の長編書き下ろし。

  • このガキの領分シリーズは全て
    BLッぽくない小説。
    だけれども全て凄くイイw

  • 今すごくはまってる作品!
    BL小説なんだけどBLっぽくない!(笑)この巻は1巻という事もあり、キャラ紹介などの序章です。が、話を読む上で最も重要な1冊!!

  • 広海くん。゚+.(・∀・)゚+.゚イイ!!

  • 容姿端麗、茅野家長男―陽一。無愛想、茅野家三男―大地。そして、茅野家次男―広海。彼の悲劇は、この兄と弟にはさまれて、育ったことから始まった。広海の明るく、正しい(?)学園生活を描く、吉原理恵子、初の長編書き下ろし。

全12件中 1 - 10件を表示

子供(ガキ)の領分〈ACT・1〉ナメてんじゃねぇよ (角川ルビー文庫)のその他の作品

吉原理恵子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

子供(ガキ)の領分〈ACT・1〉ナメてんじゃねぇよ (角川ルビー文庫)に関連する談話室の質問

子供(ガキ)の領分〈ACT・1〉ナメてんじゃねぇよ (角川ルビー文庫)はこんな本です

ツイートする