広海君のゲキリン (角川ルビー文庫)

著者 : 吉原理恵子
制作 : 如月 弘鷹 
  • 角川書店 (2000年3月1日発売)
3.53
  • (8)
  • (4)
  • (23)
  • (1)
  • (0)
  • 84人登録
  • 5レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044342166

作品紹介

超個性派揃いの兄と弟にはさまれ、なぜかいつも貧乏くじをひくハメになる茅野家次男・広海。学校でも地雷源として恐れられている広海が、堤大悟と激突してしまった"事件"は、さらに波絞を呼び起こした。小林芳樹がいま明かす、陽一&広海・大地&広海のショーゲキの中学時代!「子供の領分」Newバージョン、書き下ろし第2弾。

広海君のゲキリン (角川ルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 堤と正面衝突した後の広海の話。
    1年女子はそれだけで終わっていなかった。両親同伴でわび入れに堤宅と広海宅とを訪問していた。

  • 2007/03/08

  • 超個性派の兄と弟に挟まれ、なぜかいつも貧乏くじをひkハメになる茅野家の次男坊・広海。学校でも地雷原ととして恐れられている広海が、堤大悟と激突してしまった“事件”は、さらに波紋を呼び起こした。小林芳樹がいま明かす、陽一&広海・大地&広海のショーゲキの中学時代。

  • イラスト:如月弘鷹先生

全5件中 1 - 5件を表示

吉原理恵子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吉原 理恵子
有効な右矢印 無効な右矢印

広海君のゲキリン (角川ルビー文庫)はこんな本です

ツイートする