闇の星座 (角川ルビー文庫 ―ランウェイボーイズ4)

  • 20人登録
  • 3.88評価
    • (3)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 松岡なつき
制作 : 鳥羽 笙子 
  • 角川書店 (1996年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044345051

闇の星座 (角川ルビー文庫 ―ランウェイボーイズ4)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ブランド専属のモデル達の話で、主役(日本人の少年・悠)がないがしろにされまくる。
     一巻なんか最初と終わりに出るだけで、同居人(ただの友人)に主役をぜんぶ取られてしまった。
     四巻かけて悠はカリスマ的モデル(むろん男)アシュと両思いになるのだが、初エッチはすっ飛ばされてしまうという、このなんとも言えない軽い扱い。そしてなんだか無理矢理に濡れ場を最後に加えて終わった。(松岡さんは彼が嫌いなのか?)
     リアルタイムで読んでいるときは、「次こそは悠が主役」と期待して読むのだが、いつも裏切られた。
     最後まで裏切られた気がする・・・・・・。おかげで友人達と賭がなりたったが、結局親の総取り。
    「彼は主役にならなかった」ということになってしまった。
     主人公の扱いのむごさを楽しむための一品。

全1件中 1 - 1件を表示

松岡なつきの作品

闇の星座 (角川ルビー文庫 ―ランウェイボーイズ4)はこんな本です

ツイートする