ファンキー・モンキー・ギャングS―富士見二丁目交響楽団シリーズ〈第2部〉 (角川ルビー文庫)

著者 : 秋月こお
制作 : 西 炯子 
  • 角川書店 (1996年9月1日発売)
3.43
  • (11)
  • (11)
  • (52)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :168
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044346119

作品紹介

かつて悠季が音楽教師の職を追われる原因をつくった教え子で、超問題児の遠藤君。家出中の彼と街中でバッタリ再会してしまった悠季は、成り行きから、自分と天才指揮者・圭の同棲するマンションに彼をひきとるはめに。当然、一騒動が起きて…(表題作)。その他、N・Yでの圭とピアニスト生島の衝撃的な出会いを描いた番外編など、3編を収録。オーケストラを舞台にした、青年音楽家たちの切ない純愛物語シリーズ、人気絶好調。

ファンキー・モンキー・ギャングS―富士見二丁目交響楽団シリーズ〈第2部〉 (角川ルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 子どもは我がままで残酷なところがあります。ピュアな悠希先生が奮闘する教師生活とは…(エロアリ★★)

  • はっきり言って、昔のこのころの作品がすき!

    めちゃおもろい。

  • どういう並びなんだい??って文句言ってたら、Cさんが順番を教えてくれた。ありがと、Cさん(はあと) てことで、どうやら2部は全部揃えてるみたい。
     ともあれ、フジミを世界的オケにするために、専用の練習場を作るって話になって、そのために守村くんにプロの演奏家になってもらおう…って書いてて無理な設定だよなって思ったけど、まぁそれにリアルティを持たせられるのが作家の力ってもんでしょう。でもって、日頃私が言ってる「天才の1%の才能っていうのは99%の努力ができる才能」のと同じこと言っててなんか嬉しかったりして。

  • 借本。
    次から次へと、面白い展開。
    ランクは3.5で。

  • 富士見二丁目交響楽団シリーズ〈第2部〉-03

  • 読む順番が狂ってしまいましたがそれでも読めちゃいました。圭ほど完璧主義者の人間ってすごいと思うけど、ゆうきもすごい。キレ方はどっちもすごい。

  • そしてそして、
    この巻だけ、どこの本屋でも売り切れ…
    私が第1部を集めている時点では本屋に並んでいたのに!!
    なぜだっ!

全8件中 1 - 8件を表示

ファンキー・モンキー・ギャングS―富士見二丁目交響楽団シリーズ〈第2部〉 (角川ルビー文庫)のその他の作品

秋月こおの作品

ファンキー・モンキー・ギャングS―富士見二丁目交響楽団シリーズ〈第2部〉 (角川ルビー文庫)はこんな本です

ツイートする