サンセット・サンライズ―富士見二丁目交響楽団シリーズ〈第2部〉 (角川ルビー文庫)

著者 :
制作 : 西 炯子 
  • 角川書店
3.41
  • (10)
  • (11)
  • (51)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :168
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044346133

作品紹介・あらすじ

富士見二丁目交響楽団でコンサートマスターを務める悠季は、恋人で天才指揮者の圭の影響を受けて日本音楽コンクールを目指すが、伴奏者・三条薫子と大喧嘩。彼女からぶつけられた、悠季の音楽人生を揺るがす衝撃的な指摘とは!?(表題作)。また、東京音楽コンクール予選で圭が意外な結末を迎える「夏の嵐」等、オーケストラを舞台にした青年音楽家達の恋と成長の物語3編。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 富士見シリーズ第二部5巻目

    伴奏者・三条薫子との音楽的大バトル
    東京音楽コンクールへ挑戦した圭の意外な結末
    外伝は 二人にとって1年目の記念に帝国ホテルで過ごしたディナーと宿泊を圭目線で。


    受けである悠季が“攻めて”いない という三条女史の言葉が説得力があった。

    圭が東コン予選落ちすることで、護られるだけではなく、自分も護りたい、それを圭にも分かってもらえたことが二人の二人としての関係に変化をもたらせたと思う。

    肩こりから筋を違えたことで整体師・玉城姉弟の出現など今後も楽しくなりそう。

    外伝ではエチ場面が長かったです(笑)

  • 伴奏者の薫子の鋭い指摘に悠希の心は…(エロアリ★)

  • <初出誌> 
    サンセット・サンライズ 「小説ジュネ」'96年8月号 
    夏の嵐 「小説ジュネ」'96年10月号 
    記念祝祭日には花を (外伝) 「小説ジュネ」'96年2月号

  • どうも20冊ぐらい出てるらしいです。コンクールに出るっていうのをずっとやってる。私も、このヴァイオリンの先生みたいな先生になりたい(笑) だって、嫌味いいまくってガンガン怒鳴って、それでも生徒ついてくるんだよ。いいなぁ。ま、そんな感じ。

  • 借本。
    三条さん、面白すぎ。

  • 富士見二丁目交響楽団シリーズ〈第2部〉-05

  • BL小説の域を超えているんじゃないかと毎回思います。オケは文字で表せるものではないと思うけど、すごい。面白いです。

全8件中 1 - 8件を表示

サンセット・サンライズ―富士見二丁目交響楽団シリーズ〈第2部〉 (角川ルビー文庫)のその他の作品

秋月こおの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

サンセット・サンライズ―富士見二丁目交響楽団シリーズ〈第2部〉 (角川ルビー文庫)はこんな本です

ツイートする