マエストロエミリオ―富士見二丁目交響楽団シリーズ〈第4部〉 (角川ルビー文庫)

著者 : 秋月こお
制作 : 後藤 星 
  • 角川書店 (2000年7月1日発売)
3.23
  • (5)
  • (4)
  • (46)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :142
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044346317

作品紹介

ついに、イタリアはレオナルド・ダ・ヴィンチ空港に降り立った悠季と圭。二人はウイーンに新居を決め、悠季だけ新しい師エミリオ・ロスマッティのレッスンに通うつもりだった。しかし、エミリオから自分の家に住み込むようにいわれた悠季は反論できず、圭との間に不協和音が…。大人気シリーズ待望の第4部、「イタリア留学編」いよいよスタート。

マエストロエミリオ―富士見二丁目交響楽団シリーズ〈第4部〉 (角川ルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 富士見シリーズ第4部1巻目


    留学が決まってイタリアに行ってからの話。
    到着後にエミリオ先生宅に居候することになっていることを知って、圭との二人暮らしを考えていた悠季は…。


    イタリアとの音楽に対する習慣(環境)の違いなど、悠季がこれから学ばないといけないことが垣間見えた巻でした。
    誰かに仕えて教えを請うって生半可な気持ちじゃだめなのよね。

  • イタリアに着いた二人を待っていたのは、予定とは違うシナリオ…どうなるのでしょうか(エロアリ★)

  • (あらすじ)
    ついに、イタリアはレオナルド・ダ・ヴィンチ空港に降り立った
    悠季と圭。
    二人はウイーンに新居を決め、
    悠季だけ新しい師エミリオ・ロスマッティの
    レッスンに通うつもりだった。
    しかし、エミリオから自分の家に住み込むように
    いわれた悠季は反論できず、
    圭との間に不協和音が...。

  • 4部の始まり。留学に来たら、いきなり内弟子とかっていわれておろおろする守村くん。てか、そこんとこちゃんと詰めてから留学することないかい? 相変わらず不器用っぷりを全開にする二人。圭くん、愛する人を守りたい気持ちはわかるが、そーいうのをスポイルっていうんだよ。あ、ここから挿絵が変わった。なんだか説明っぽい絵になちゃってすごく嫌。

  • 富士見二丁目交響楽団シリーズ〈第4部〉-01

全5件中 1 - 5件を表示

マエストロエミリオ―富士見二丁目交響楽団シリーズ〈第4部〉 (角川ルビー文庫)のその他の作品

秋月こおの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

マエストロエミリオ―富士見二丁目交響楽団シリーズ〈第4部〉 (角川ルビー文庫)はこんな本です

ツイートする