ミューズの寵児―富士見二丁目交響楽団シリーズ〈第5部〉 (角川ルビー文庫)

著者 :
制作 : 後藤 星 
  • 角川書店
3.28
  • (6)
  • (4)
  • (42)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 137
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044346409

作品紹介・あらすじ

『誰にも、きみはやらない。抱かれたいのなら僕が抱く!』クラシック界最大手エージェント「サムソン」。その副社長ディビッドが圭に契約を申し込んできた。しかもそれはセクシュアルな興味とともに…。圭を押し倒したいと思っている?サムソンの副社長が!?初めて、わき上がる不安に駆られる悠季だったが…。待望の第5部、スタート。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シリーズ第5部 1巻目


    ローマでトリオとして演奏することになった悠季は練習に赴く。
    その後、圭が挑戦するエルサレム国際指揮者コンクールの応援でイスラエルへ。
    頭角を顕してきた圭にエージェントからのオファーが。そして優勝、M響へ戻ることに。


    ノヴェンバー・ステップスでは
    高嶺のカーネギー演奏会を見に来ただけのつもりの悠季も弾くことになり国際デビューを果たす。


    音楽に対する考え、圭との更に深まる二人の関係など、イスラエルで、ニューヨークで、悠季が少しずつ成長していく様が描かれていた。
    次は圭の成長の模様かな?

  • 悠希の才能はその素直さと頑固さによるものなのか。二つの相反する性質が調和して、彼の音楽が生まれるのでしょう…(エロアリ★★)

  • (あらすじ)
    『誰にも、きみはやらない。
    抱かれたいのなら僕が抱く!』
    クラシック界最大手エージェント「サムソン」。
    その副社長ディビッドが圭に契約を申し込んできた。
    しかもそれはセクシュアルな興味とともに...。
    圭を押し倒したいと思っている?サムソンの副社長が!?
    初めて、わき上がる不安に駆られる悠季だったが...。
    待望の第5部、スタート。

  •  フジミシリーズの第5部。いやあ、面白かったわ。今回はあんまり、きぃっってなるシーンがなくて、全体的にのんびりしてた感じで、うんこういうは読んでてもほっとするね。
     師匠のキャラが最高! 

  • 富士見二丁目交響楽団シリーズ〈第5部〉-01

全5件中 1 - 5件を表示

ミューズの寵児―富士見二丁目交響楽団シリーズ〈第5部〉 (角川ルビー文庫)のその他の作品

秋月こおの作品

ツイートする