闘うバイオリニストのための奇想曲(カプリチオ)―富士見二丁目交響楽団シリーズ〈第5部〉 (角川ルビー文庫)

著者 : 秋月こお
制作 : 後藤 星 
  • 角川書店 (2003年11月1日発売)
3.35
  • (6)
  • (7)
  • (42)
  • (0)
  • (0)
  • 131人登録
  • 5レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044346416

作品紹介

イタリアでの留学生活を送る悠季は、年末年始を圭とともに過ごすため、故郷・新潟へ帰ってくる。少し遅い新婚旅行も兼ね、老舗の温泉旅館に宿を取った二人は、身も心も深く求め合い、満たされた幸せを感じていた。が、温かく迎えられたように思えた実家で、悠季は姉から思いもよらぬ言葉を聞かされ…!?圭の視点から描かれた外伝「ある架空の郷愁について」(原題「形象と音楽と」)も収録。

闘うバイオリニストのための奇想曲(カプリチオ)―富士見二丁目交響楽団シリーズ〈第5部〉 (角川ルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シリーズ第5部2巻目


    イタリアで室内楽のトリオに入れてもらうことになって3人で練習する悠季。頑なに自分の自信の無さを吐露する悠季に圭は実力を認めるように、と怒って。

    とりあえず、なんとか平静に戻った二人だが、音楽だけでなく話し合う必要はあって。


    そして、年末年始に帰国をしたものの、姉にカミングアウトすることになり。



    『闘うバイオリニスト』というのは、音楽に対する姿勢だけでなく、人生に対する姿勢でもあるのよね、と色々考えてしまった1冊でした。

  • 家族との距離…好きなだけではしあわせにはなれないのだろうか(エロアリ★☆)

  • (あらすじ)
    イタリアでの留学生活を送る悠季は、
    年末年始を圭とともに過ごすため、故郷・新潟へ帰ってくる。
    少し遅い新婚旅行も兼ね、老舗の温泉旅館に宿を取った二人は、
    身も心も深く求め合い、満たされた幸せを感じていた。
    が、温かく迎えられたように思えた実家で、
    悠季は姉から思いもよらぬ言葉を聞かされ...!?
    圭の視点から描かれた外伝「ある架空の郷愁について」
    (原題「形象と音楽と」)も収録。

  •  フジミリリーズの新刊。いきない口絵で、びびる(苦笑)
     ともあれ、今まで苛々してきた守村くんに、つい圭キレル! よく言った、圭。そうだそうだもっと言ってやれ、と胸の前でガッツポーズしちまったよ。が、その後すぐへろへろになる、相変わらずヘタレな圭なのであった。そんな圭が好きだ。
     しかし、これこそ「やおい小説」と言われてるヤツである。↑は、これもその一言で斬り捨てるんだろうか。人生損してるよ。ノーマルな性愛の人間だけが、真摯に生きてるとでも思ってるんだろうかねぇ、そいつは。

  • 富士見二丁目交響楽団シリーズ〈第5部〉-02

全5件中 1 - 5件を表示

闘うバイオリニストのための奇想曲(カプリチオ)―富士見二丁目交響楽団シリーズ〈第5部〉 (角川ルビー文庫)のその他の作品

秋月こおの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

闘うバイオリニストのための奇想曲(カプリチオ)―富士見二丁目交響楽団シリーズ〈第5部〉 (角川ルビー文庫)はこんな本です

ツイートする