人騒がせなロメオ―富士見二丁目交響楽団シリーズ 第6部 (角川ルビー文庫)

著者 :
制作 : 後藤 星 
  • 角川書店
3.30
  • (4)
  • (7)
  • (34)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 125
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044346478

作品紹介・あらすじ

「フジミ」の夢の専用練習場の建設計画がいよいよ本格的にスタート!ソラからの招待で急遽NYを訪れた悠季と圭は、そこで純粋に音楽を楽しむ個人経営のオペラハウスを目にし、そこに「フジミ」の理想のモデルを見出し始める。一方、風変わりな音大の生徒・由之小路に妙に懐かれた悠季は、レッスンの名目で家に日参され大困惑。当然不機嫌な圭に気を揉む悠季だが、彼はさらに自分はゲイだと大胆に告げてきて-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 第6部4巻目

    専用練習場計画が本格的にスタートしだし、飯田さんとのデュオもすることになる悠季。
    そんな中、空くんからコンクールに勝った記念のコンサートを聴きにニューヨークへ行くことに。そこで小さな個人オペラ劇場の見学をし、フジミの理想を見いだす。

    『人騒がせなロメオ』
    生徒の由之小路になつかれた悠季は…?

    横恋慕の相手が現れたのかと思いきや、違ったところが今回は波風たたずに終わりました。
    比較的穏やかな巻だったな。

  • (あらすじ)
    「フジミ」の夢の専用練習場の建設計画が
    いよいよ本格的にスタート!
    ソラからの招待で急遽NYを訪れた悠季と圭は、
    そこで純粋に音楽を楽しむ個人経営のオペラハウスを目にし、
    そこに「フジミ」の理想のモデルを見出し始める。
    一方、風変わりな音大の生徒・由之小路に
    妙に懐かれた悠季は、
    レッスンの名目で家に日参され大困惑。
    当然不機嫌な圭に気を揉む悠季だが、
    彼はさらに自分はゲイだと大胆に告げてきて―。

  •  フジミシリーズの何冊目??

     フジミ専門の練習ホール建設へ動き始めたフジミの面々です。と、守村くんのお騒がせ生徒がまたやってくれます。タイトルのロメオは、その生徒のこと(しばらくわからんかったよww)

     なんつーか、パターンですか。
     最初のほうに日常生活の色々があって、Hがあってって。最近50PぐらいまでにHがあるように感じるんですが。うむ。売れるために出版社から「Hは最初のほうにいれください」とかって指示があるんだろうか?って思うぐらいです。
     まぁ、それはどーでもいいことなんだけどね。
     どーでもいいついでに、やっぱイラストは西さんがよかったなぁ。圭のビジュアルが、後藤さんだと目で殺すような鉄壁のクールさつーのがないんだもの。と、今回しみじみ思ったです。
     うむ、よーするに本文でクールとかって表現が多いと違和感がでてくるんだな。ついでに、生徒の由之小路(よしのこうじ)を「プチ桐ノ院」などと表現しているからには、圭にはさらにクールにいってもらわないとね、と。

  • 富士見二丁目交響楽団シリーズ〈第6部〉-04

  • 偉大なるマンネリ(褒め言葉)。

  • 遠藤くん、懐かしい。

  • フジミは久しぶりでした。相変わらずラブラブですね。

  • 6/30町田アニメイトにて購入。
    待ってましたフジミの新刊。まだ目を通してませんが、なかなか面白い展開になってそうですよ。

全8件中 1 - 8件を表示

人騒がせなロメオ―富士見二丁目交響楽団シリーズ 第6部 (角川ルビー文庫)のその他の作品

秋月こおの作品

ツイートする