富士見二丁目交響楽団シリーズ第7部 スキャンダル (角川ルビー文庫)

著者 : 秋月こお
制作 : 後藤 星 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2009年7月1日発売)
3.68
  • (4)
  • (9)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
  • 106人登録
  • 5レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044346546

作品紹介

ブリリアント・オケでの好演から、悠季にソリストとしての公演依頼が舞い込む。教師業と演奏活動との間で悠季は揺れ動くが、相談に赴いた恩師・福山先生の思いがけない一言で、新たな挑戦に背中を押されることになる。一方SMEとの確執から、嫌がらせのようなスキャンダル騒ぎに巻き込まれた圭。自分も一緒に闘う!と悠季は意気込むが、それは圭との関係を周囲に明らかにするという、覚悟を試される決断で-!?大人気シリーズ、波乱の第7部いよいよスタート。

富士見二丁目交響楽団シリーズ第7部 スキャンダル (角川ルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シリーズ第7部1巻目

    『招聘』
    悠季にリサイタルの話が舞い込み、自信の無い悠季は逡巡する。
    福山先生がロン・ティボーで2位だった当時のビデオを見て更に落ち込むが…。


    『スキャンダル(前編)』
    ロン・ティボーの予備選用にM響の伴奏で挑む悠季。
    来年でサムソンとの契約が切れるので更新しないという圭にサムソン側の差し金とも言える中傷記事が出回り…。



    7部になって雲行きが怪しくなっていて、うーん‥。

  •  フジミシリーズの何作目だ?ww
     帯に「シリーズ最終章スタート!!」ってあって、驚く。

     ま、ここらが潮時ではあるんだろうな、と私は思うよ。

     ブリリアント・オケの成功で、守村くんに演奏依頼がはってきますよ。
     で、演奏家としての自分と、生徒を預かる教師として、さらにフジミのコンマスとして、葛藤するわけだ。
     めがっさ、いらっとするんですけどww

     まず、ソロリサイタルの依頼がくるんだけど、それについて圭と宅島くんが「このギャラじゃだめ」とか「他の出演者をみて」とかって言ってるのを、自分は駆け出しだから、と謙遜してるっぽいんだけど、違うって。
     仮にも若手で見栄え重視で選んだオケであるブリリアントとはいえ、それのコンマスをつとめた以上、自分を安く売るっていうことは、イコール他のブリリアントのメンバーの安売りを黙認するってことにつながるのがどーしてわからん。
     でもって、宅島がとってきた東フィルとの共演を、曲が仕上がらないからとどーして断る。それを断るってことは、他のオケからも総スカンをくらい干される可能性が大きいと宅島に言われても、なぜそれの意味の大きさがわからん??

     だいたい、圭のマネージャーである宅島を使ってるけど、彼への給金を出してるわけじゃないだろうが。

     なんつーか、プロっていうのは「じゃ、急で悪いですけど、明日ステージお願いします」って言われても、はい、って出られるもんじゃないか。その時最高の演奏じゃなくても、及第点は出る演奏がコンスタンスにできるっていうのがプロだろうが。

     でもって、師匠からは、ロン・ティボーコンクールに出ろと…。
     募集要項も師匠が取り寄せてましたよ。おいおい。そーいうの師匠にさせてどうするよ。

     多分、この守村くんの歯がゆいまでの謙遜が、圭の外面は傍若無人っていうのをいいコンビなんだろうけど、やっぱ、も、限界だねと思うよ。
     多分、秋月こおは守村くんがヴァイオリニストとして成功することは、BLとしての旨みを失うことだとわかってるだろう。

     …にしても、最後がロンティボーで優勝、とかだったら、さすがに「おいおい」ってつっこむぞww

  • 2009年12月16日 西宮図

  • 8月22日読了。

  • 富士見二丁目交響楽団シリーズ〈第7部〉-01

全5件中 1 - 5件を表示

富士見二丁目交響楽団シリーズ第7部 スキャンダル (角川ルビー文庫)のその他の作品

秋月こおの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

富士見二丁目交響楽団シリーズ第7部 スキャンダル (角川ルビー文庫)はこんな本です

ツイートする