富士見二丁目交響楽団シリーズ第7部天上の愛 地上の愛 (角川ルビー文庫)

著者 :
制作 : 後藤 星 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.94
  • (7)
  • (17)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 124
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044346584

作品紹介・あらすじ

ロン・テイボー国際音楽コンクールがついに開幕。緊張感の漲る会場、舞台裏での駆け引きなどに戸惑いつつも、悠季は次第に集中力を高めていく。そんな折、遠征中のはずの最愛の恋人・圭が応援に駆けつける。束の間の憩いの中、ずっとそばで見守り、自分を高みへ連れてきてくれた圭の深い愛情を再認識した悠季。出会ってからずっと恋い焦がれてきた、バイオリンへの情熱の全てを出し切るべく、舞台に立った悠季が見せた演奏は…!?シリーズもいよいよ最高潮、ファン必見の一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シリーズ第7部4巻目。本編の六十話目。


    ロン・ティボー初日。演奏順を決める抽選の為のくじ引きと参加者の初顔合わせから一次、二次と進み本戦へ。
    一次と本戦には圭が駆けつけてくれて合間に甘い時間を持った悠季。

    そして優勝。


    ――今回も殆ど恋愛小説というよりコンクールの話だったけど面白かった。曲に対する詰めの仕方とか、コンクールの在り方とか。
    私の頭の中はクラシック(富士見)でパンパンです(笑)
    結局努力して自分の物にしていける悠季にはやっぱり元々持ってる何かがあるんだよね、と感じた作品。

  • 悠季の研鑽に研鑽を重ね、伝えたいと感じた世界。いつもいつもそれが愛おしく感じる。
    その世界に触れられたらいいのに。

  • 音楽家としても人間としても悠季の成長ぶりが素晴らしい。ついに努力が実って本当に嬉しかった!何度も読み返しては心の中でおめでとう!と叫びました。

  • あとがきではコンクールの結果に迷ったと書いてあるが、ここはやっぱりこの結果でないと。
    この本は桐ノ院が控えめで、コンクールの緊張の伝わる一冊で久しぶりに面白かった。
    惰性で読み続けていて、続きが出るのが楽しみ!!という本ではないが、読むと一定のレベルはあるシリーズだな、という感じ。

  • やっとここまで来たかっていう感じ、良かった良かった。
    曲への悩みながらの取り組み方に、こちらも目を開かされることもあって、いつも悠季の曲の解釈が楽しみです。

  • 5月17日読了。

  • どっちかといえばもう恋愛どうこうより
    コンクールメインです。
    しかし…とにかくおめでとう、と云いたい。
    バッハ先生の演奏シーンはよかったです…
    だってだってやっと掴んだ演奏だもの。
    出来すぎかなーという気はやっぱり先生ご自身の
    あとがきの通りですが、
    でも、いままでの演奏姿勢とか、イメージを鑑みると、
    あの結果も妥当なのかなと思います。

    これから忙しくなる守村くんに、
    圭がどう対応するかが楽しみです。
    指輪もそうですが、ひと波乱あるのでしょうかねー…

  •  ロンティボーコンクールがはじまりましたよ。

     非情にリアルなコンクールの内部に、すごく取材したんだろうなあと思ったのが正直なところ。
     でも、誰もが押しつぶされそうなプレッシャーに立ち向かって、っていうのに、吐いてる子を象徴的に出してたけど、なんかねぇそれは違う気がするんだけど。
     
     守村くんの音楽への、特にバッハへのアプローチっていうか、とらえかたはとっても実直的なんだけどなぁ。

     ともあれ、相変わらず刺激を受けます。
     これ読むと「あああ、練習しなきゃ」って気になります。

     さて、新しいステージつか、レベルに進むことになった守村くんだけど、どうなるんだろうなぁ。
     案外、なんかあって、あっさりヴァイオリンをおくことになるんじゃないかと思ったりするんだけど、あくまでBLだからそーいう暗い展開はNGなんすかねww

  • 本当にシリーズ最高潮です。
    ロン・ティボーのコンクールの結果がこの1冊に収まるかハラハラしながら読み進めましたが…、やりましたね。
    悠季が揺らいで無い分、読者も落ち付いて楽しめました。

  • 「あとがきから読んじゃ駄目よ」
    最近あとがきから読むことはほとんどなくなったというのに
    なぜか開いてしまったあとがき。
    あぁあとがきから読んじゃダメなんだ…ってページをパラッとしてしまい…

    NOォォォォォ!!!!!

    …結末を先に読んじまったよ~~~

    なので、ございました。

    でも、よいお話でした。
    最近二人の甘々エチシーンはどうも好きではないので
    (表現が悪く言えばギャグっぽいというか
    エロいシーンなはずなのにエロくないというか…
    色気がないというか…な感じです)
    単純にベタベタしてたり、二人の会話が続いている方が好きだったりします。

    今回は悠季が立派に演奏家してました。素敵でした。
    壊れた圭とか、自分いじめをする悠季とかを読むよりも
    こちらの方がずっとよかったです。

    さて、今後悠季はどうするのかなぁ~。
    それによって圭はどうしちゃうのか。
    気になります。久しぶりに今後の二人にドキドキ。

全14件中 1 - 10件を表示

富士見二丁目交響楽団シリーズ第7部天上の愛 地上の愛 (角川ルビー文庫)のその他の作品

秋月こおの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

富士見二丁目交響楽団シリーズ第7部天上の愛 地上の愛 (角川ルビー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする