グーグーだって猫である1 (角川文庫 お 25-1)

  • 365人登録
  • 3.78評価
    • (47)
    • (44)
    • (69)
    • (6)
    • (1)
  • 48レビュー
著者 : 大島弓子
制作 : 大島 弓子 
  • KADOKAWA/角川書店 (2008年6月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (126ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044348021

グーグーだって猫である1 (角川文庫 お 25-1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • グーグーがとてつもなく可愛い!

    「んるるる」となくグーグー。
    肩に飛び乗るグーグー。
    ビーより先になでてもらいたがるグーグー。
    すねてるグーグー。

    はぁ、メロメロです…

  • 1巻から4巻まで。久々の大島先生でした。
    以前は随分読んでたので、「綿の国星」は私の血となり肉となってます。

    かわいいネコ漫画・・・という予想に反してこれは・・・ヘビーな内容で
    どう☆をつければいいのか、戸惑ってしまう(-_-;)
    イヤ!ネコはかわいいんだけど、ね。

    ちなみに映画は観ていません。

  •  大好きな穂村弘のエッセイでたびたび語られる大島弓子氏。自費出版した最初の歌集、『シンジケート』の帯コメントを彼女に頼みたく、吉祥寺のアパートを探し歩いたというのは有名な話。2018年こそはと、気になっていたこの一冊をようやく手に取った。読めばなるほど、どうしてほむほむの琴線に触れたのかがよおく分かったし、私の琴線もビンビンに反応した。

     長年連れ添ったサバの死後、喪失感の中家に迎えたアメリカンショートヘアのグーグー。そして、その後傷だらけのところを保護したビー。ふたりの猫との愛らしいあったかい日々は、猫好きなら目を細めて読むことウケアイ。一緒に暮らす猫への慈しみの気持ちは、身に覚えがありすぎる。

     耳元でレタスをシャリシャリ食べる音と、顔に当たるこそばいヒゲ。
     寝てる間に顔にジャンプされて傷を作っても、その愛らしい介護姿に悶絶すること(結論:北枕は体に悪い)。
     人間の風邪は猫に移らないと知りつつも、猫といっしょに寝る習慣を悔いること。
     どれも愛おしくてあったかい気持ち。まっすぐな気持ちをまっすぐに絵と文章に表すことができる、しかも力が抜けている、これこそ天賦の才というものなんだろうなあ。

  • 子猫グーグーに出会ってから約16年、グーグーが死ぬまでの間のネコたちとのくらし。入院と手術、引っ越し、ノラネコとたくさんの子ネコたち、引き取り手の飼い主さんたち、動物病院の先生たち。

    読んでいると、ネコへの愛情が伝わってきます。表情がかわいい。最後の方は、出てくるネコが多すぎて、何がとうなっているんだかわからなくなっちゃいましたが。

  • 小説かと思っていたら短篇集の漫画だった。
    ゆるい絵柄とは対照的に、内容は結構しっかりというか、ちょっと切なかったり、微笑ましかったりする。
    グーグーが可愛い。
    これを読んでいると、猫を飼いたくなってしまう。

  • うぐぐぐぐかわいい…。
    グーグー気のいい猫だなほんとに…。うちのやつらなど実の家族でも一触即発状態だったぞ…。
    ビーに対する態度なんてもう、過保護な親か!って感じじゃないっすか!なんといいやつ。

  • 可愛い絵柄のほのぼのした話の中に人生の味わい深さが凝縮されています。まだ一巻しか読んでませんが、みんな長生きして欲しい。

  • 映画を観て、マンガを読んだのですが 猫を買っている人なら強く頷きながら読むだろうな というマンガ。

  • カウンセラーグーグーに癒されていく筆者。
    子育てにも通ずる猫育ての様子。
    グーグーがうちの息子に見えて仕方なかった。去性手術の話が切なかった。

  • 正直なところ好みの絵柄ではないが、本屋で平積みされていたので立ち読みし、買って帰った。
    それぞれのエピソードは淡々としているけれど、猫と暮らす作者の気持ちが身近に感じられて良かった。

全48件中 1 - 10件を表示

グーグーだって猫である1 (角川文庫 お 25-1)のその他の作品

大島弓子の作品

グーグーだって猫である1 (角川文庫 お 25-1)を本棚に登録しているひと

ツイートする