グーグーだって猫である(4) (角川文庫 お 25-4)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.71
  • (8)
  • (13)
  • (15)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :107
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044348052

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 猫を外にも出すか否かって、猫好きだとぶちあたる壁だよなあ・・・と改めて思った。
    私自身は室内派だけれど、外で会う猫たちの姿も良いものだから。
    しかし今年の冬の厳しさは、外の猫たちの夜を思うとよりつらくなります。

  • 途中で止めちゃった!

  • 新家に引っ越してから,ますます猫ワールド.大島さんの愛情は家猫にとどまらず,ノラも含んだ深い猫づきあいに.様々な猫たちとの出会いと別れ,大島さんの甲斐甲斐しさにグッとくること請け合い.

  • 漫画としてはそれなりにおもしろいんだけど、これだけの数の猫を飼う作者がすごく心配になってくる。自分の家猫は去勢手術している(それもどうかと思うけどしないと子猫が大量に生まれるもんね・・・)らしいけど、野良猫にも餌をやったり病院に連れて行ったりして。近所で問題になってるんじゃないだろうか。ていうか、そんなに何かを育てて庇護したいのでしょうか。作者が大島弓子だからこそ、そういうことの是非を考えながら読まずにはいられない。私には作者が少し無責任に(自分の許容量を超えて)猫の生活に深入りしすぎているように見える。

  • かわいい。しかし自然の厳しさも少し感じた。

  • 原っぱで思いっきり走って来るネコを見た大島さんがとても羨ましかった。うちのネコもそういうことさせたい。

  • 猫にたいしてここまでできるって本当にすごいと思うわ…

全7件中 1 - 7件を表示

グーグーだって猫である(4) (角川文庫 お 25-4)のその他の作品

大島弓子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする