絶対服従 (角川ルビー文庫)

著者 : 金丸マキ
制作 : 二宮 悦巳 
  • 角川書店 (1997年9月発売)
3.73
  • (4)
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :22
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044368012

作品紹介

幼稚園からの幼なじみで、家も近所の森本航と安原和音。虚弱児童だった和音は高校生になった途端、学校のアイドル的存在に成長し、生徒たちの憧れのまとに。その反面、周囲の人間たちは和音と一緒に行動する航を、あたかも和音のおまけのように扱い始める。そのことにショックを受けた航は、和音から遠ざかるのだが…。表題作のほか、弟との心の距離を描いた「夕暮れのバス」など、三作品を収録したセンシティヴ・ストーリーズ。

絶対服従 (角川ルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  これ、短編……というか、中編ぐらいの作品が3つ入ってるんですけど……。
     個人的には表題作より3つ目に入ってる「夕暮れのバス」って話が大好きで。
     好きで、好きで、好きで、好きでたまらなくて。
     もう、好きっていうか憧れ、の次元まで達している気がする。

    「こんな話が書きたい」

     と。

     いや、デビュー前の作品ばっかりを集めたやつなんで、全然巧くはないんですよ。うん。確かに「巧さ」という面では劣ると思うんだけど。
     ただ、根底に流れてるものがすごい。
     ただひたすらにすごい……としか言いようがないorz
     自分がどーしてこの話が好きなのか、の理由は分かるんだけど、そんな説明は誰も求めていないと思うので、それはさておき。
     すっごい好きだ。
     今でも私はこんな話を書きたいと思うのだけれど。
     もう、そこに繋がるバイタリティーを実は持っていない(苦笑)
     諦めるしかないんだろうね。
     BLっていう観点から行くと、実は一番BLっぽくないんだろうな……とは思う。

  • だいぶ古いジュネ掲載作品3作。暗いのを読みたい時にはよいかもしれないけど。今はあまり好きになれない。

  • 幼稚園からの幼なじみで、家も近所の森本航と安原和音。虚弱児童だった和音は高校生になった途端、学校のアイドル的存在に成長し、生徒たちの憧れのまとに。その反面、周囲の人間たちは和音と一緒に行動する航を、あたかも和音のおまけのように扱い始める。そのことにショックを受けた航は、和音から遠ざかるのだが…。表題作のほか、弟との心の距離を描いた「夕暮れのバス」など、三作品を収録したセンシティヴ・ストーリーズ。

  • 「夕暮れのバス」が好き。

全4件中 1 - 4件を表示

金丸マキの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

絶対服従 (角川ルビー文庫)はこんな本です

ツイートする