花嫁は奪われる (角川ルビー文庫)

著者 : 鹿住槇
制作 : 片岡 ケイコ 
  • 角川書店 (2005年6月30日発売)
3.17
  • (2)
  • (6)
  • (24)
  • (4)
  • (0)
  • 57人登録
  • 7レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044371166

作品紹介

結婚式当日に姉が失踪!?鷹木俊哉の平凡なハズの人生は、そこからイキナリ波瀾万丈。なにしろ新郎は泣く子も黙る大企業・玖珂物産の御曹司、玖珂圭一郎なのだ。新妻逃亡で面目を潰された圭一郎は、挙式だけ花嫁代理を務めてゴメンナサイするつもりだった俊哉を許さず、婚約不履行不問の条件として、ある契約を持ちかけた。-夫婦の愛の巣となるはずだった豪華なマンションで、昼も夜も圭一郎に抱かれ続けること。それは服従よりも屈辱的な「花嫁の身代わり」で…。

花嫁は奪われる (角川ルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大企業の御曹司・玖珂圭一郎×花嫁の弟・鷹木俊哉のカップリングです。
    姉が結婚するはずだったのに、
    結婚式の花嫁の身代わりに始まり、新婚生活も身代わりに・・・
    でもそれは、圭一郎の策略で、みごとにからめとられたみないなお話です(^_^;)
    こういう設定も好みです(^^♪

  • あり得ないだろ!と、いう状況から始まってあれよあれよと流されて行く主人公。異常すぎる日常に馴染んでしまう鈍感すぎる受が可愛い。そして意外にも一途で紳士な攻も可愛い。途中、受の母親が土下座するシーンがでてくるのだが、偽装工作とはいえあそこまで追い込む必要があったのか疑問。攻の土下座は自業自得。

  • 年上攻 健気受 身代わり

  • 姉が結婚式に失踪。残された義兄はとんでもない契約を持ち出した・・・。 義兄x高校生 花嫁モノ

  • まさしく花嫁ものです。
    あらすじは花嫁ものを思い出して
    いただけばそのままです(苦笑)

  • 前半は面白いけど、後半の持ってきかたびもぅー!

全7件中 1 - 7件を表示

花嫁は奪われる (角川ルビー文庫)のその他の作品

鹿住槇の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

花嫁は奪われる (角川ルビー文庫)はこんな本です

ツイートする