グレイ・ゾーン 下 (角川ルビー文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.71
  • (1)
  • (10)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 80
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044380038

作品紹介・あらすじ

自分の前から姿を消した憧れの人・亜久利を引き留めたくて、彼と体を繋いだ警察官の譲。けれど、変わらず自分を避けようとする亜久利が気になった譲は、彼が身を寄せている美貌の弁護士・由利の許を訪ね、そこで亜久利が調査員としてある事件に関わっていることを知る。危険なその事件から譲の目を逸らすため、亜久利は譲を手酷く抱いて事件から遠ざけようとするが、譲は危険を顧みず、自ら事件に足を踏み入れてしまい-。男のプライドと純愛が交錯する極上ラブロマンス。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • カップリングは元警察官の亜久利×亜久莉に憧れて警察官になった譲です。
    譲の年の離れた兄の幼なじみの亜久利に懐き、憧れていた譲は警察官を辞めて行方をくらましていた亜久利を見つけて思わず体で繋ぎとめてしまいます。(薬使っちゃったりして)
    亜久利はワイルドなヘタレ攻めです、譲は美人な頑固受けですかね。
    新種の麻薬を巡るお話です。ハードボイルド。事件に関わらせたくない亜久利は冷たく突き放しますが、譲は亜久利が犯罪に関わってるんじゃないかと捜査に乗り出します。

    おとり捜査の最中に知り合った美少年のエイ(黒幕)に気に入られますが、亜久利もまたエイのお気に入りです。
    2人の繋がりを見破られて危機に陥りますが、亜久利の機転でどうにか助かります。
    が、エイには逃げられる・・・というか逃がします。(金持ちの子あるある)
    一応事件は一段落はしましたが、新種の麻薬の謎も残ったまま。
    しかしそこまでモヤるような終わり方ではありません。きちんと2人が思いを確かめ合って結ばれますしね。事件より何より大事な事です。

    亜久利の相棒で奇抜なファションの由利(男)がいい味出してます。
    なかなか悲しい過去をお持ちのようですが、次の本(ボーダー・ライン)で過去があきらかに! って文庫本出てないじゃないですか~!!
    再販してくれるのは嬉しいですが、なぜ途中でやめるんでしょうね・・・・。
    3部作でグレイ・ゾーン、ボーダー・ライン、ターニング・ポイントです。最後まできちんと責任をもっていただきたいものです。
    グレイゾーンの文庫版が発行されたのが2010年ならもう続きは文庫で出ることはなさそうですよね(>_<)

    それはそうと裏で糸を引いてた美少年のエイですが、私は嫌いです(笑)
    金持ちで美少年で未成年だからって許されると思うなよ。1番嫌いなタイプです。きちんと制裁を下して頂きたい。

    エッチは亜久利がワイルド系なのでちょっと激しめ(笑)
    けどやっぱりヘタレなとこが可愛いです。

  • 体を繋いでも、譲を避けようとする亜久利。
    彼が身を寄せる美貌の弁護士・由利の許を訪ねた譲は、
    そこで亜久利が調査員としてある事件に関わっていることを知る。実直な譲は自ら事件に顔を突っ込んでしまうが…。

    ハードカバーの文庫化

全2件中 1 - 2件を表示

久能千明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

グレイ・ゾーン 下 (角川ルビー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×