D・N・ANGEL―人魚の涙 (角川ティーンズルビー文庫)

  • 角川書店 (1999年9月発売)
3.27
  • (1)
  • (4)
  • (17)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :64
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044384012

作品紹介・あらすじ

14歳の誕生日、丹羽大助の身体にある異変が起きる。初恋の梨紗の事を強く思うと、『伝説の大怪盗』ダークに変身してしまうのだ。それは丹羽家に伝わるDNA(恋愛遺伝子)。好きな人と両思いになると元に戻れるという。一方ダークも、梨紗の双子の梨紅に一目ぼれしてしまうが、梨紅が好きなのが実は大助だったから、恋の四重奏は複雑になるばかりだった…。杉崎ゆきるの大人気コミック、ついに小説化。

D・N・ANGEL―人魚の涙 (角川ティーンズルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小説第一弾。当時タイトルが気になっていて、友人が持っていたので、軽くストーリーを説明してもらい、コミックス購入に至ったきっかけの一冊。

  • 面白かった

  • 学校の図書館で借りてる本◇◆
    大助が果てしなく可愛い(*´∀`*)
    DNAシリーズでは、雪の女王が
    一番読みやすくてオススメです☆+°

  • <内容>
    14歳の誕生日、丹羽大助の身体にある異変が起きる。初恋の梨紗の事を強く思うと、『伝説の大怪盗』ダークに変身してしまうのだ。それは丹羽家に伝わるDNA(恋愛遺伝子)。好きな人と両思いになると元に戻れるという。一方ダークも、梨紗の双子の梨紅に一目ぼれしてしまうが、梨紅が好きなのが実は大助だったから、恋の四重奏は複雑になるばかりだった…。杉崎ゆきるの大人気コミック、ついに小説化。

  • 初版・平成11年10月1日
    14歳の誕生日、丹羽大助の身体にある異変が起きる。初恋の梨紗の事を強く思うと、『伝説の大怪盗』ダークに変身してしまうのだ。それは丹羽家に伝わるDNA(恋愛遺伝子)。好きな人と両思いになると元に戻れるという。
    一方ダークも、梨紗の双子の梨紅に一目ぼれしてしまうが、梨紅が好きなのが実は大助だったから、恋の四重奏は複雑になるばかりだった……。
    杉崎ゆきるの大人気コミック、ついに小説化!

全5件中 1 - 5件を表示

D・N・ANGEL―人魚の涙 (角川ティーンズルビー文庫)のその他の作品

岡崎純子の作品

D・N・ANGEL―人魚の涙 (角川ティーンズルビー文庫)はこんな本です

ツイートする