緑翠のロクサーヌ―王を愛した風の乙女 (角川ビーンズ文庫)

著者 : 藍田真央
制作 : 凱王 安也子 
  • 角川書店 (2004年7月発売)
3.78
  • (4)
  • (6)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :22
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044405038

作品紹介

戦いの日々の中、アルカシアの若き王ライアスは、思い出の少女にそっくりな舞姫ロクサーヌと出会う。勝気で明るい、しかしどこか傷つきやすさを抱えたロクサーヌとライアスは、少しずつ心を通わせていくが、実は彼女は、敵国タウに雇われライアスを暗殺するために潜入した、暗殺集団『風のバスパ』のスパイだった!任務と恋のあいだで、引き裂かれるロクサーヌ。敵味方でありながら、惹かれあってしまった二人の運命は-。

緑翠のロクサーヌ―王を愛した風の乙女 (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 戦いの日々の中、アルカシアの若き王ライアスは思い出の少女にそっくりな舞姫ロクサーヌと出会う。勝気で明るい、しかしどこか傷つきやすさを抱えた彼女とライアスは、少しずつ心を通わせ惹かれあってていく。しかし彼女は敵国タウに雇われライアスを暗殺するために潜入した、暗殺集団『風のバスパ』のスパイで…。
    黄金のアイオーニアの数年後、別主人公のお話です。

  • 前作の『黄金のアイオーニア』を読んだのが、かなり前なのでリンク点を思い出せず; でも続きものではないので、この1冊でも充分面白かったです。スパイとしてスレているようで純情なロクサーヌが可愛くて、過去の哀しい恋に囚われつつもロクサーヌに惹かれていくライアスに「早く幸せにおなり〜」とか、老婆心的に共感(笑) ロクサーヌを娘のように可愛がっていたギロスの最期はちょっと泣けました。そしてラストの戦闘シーン。戦女神として兵を率いるロクサーヌの鮮やかな姿が、とても印象的でした。

全4件中 1 - 4件を表示

藍田真央の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

緑翠のロクサーヌ―王を愛した風の乙女 (角川ビーンズ文庫)はこんな本です

ツイートする