二十世紀の僕たちへ〈1〉 (角川ティーンズルビー文庫)

著者 : 野梨原花南
制作 : 杉浦 圭 
  • 角川書店 (2000年9月発売)
3.38
  • (0)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :16
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044411015

作品紹介

功千院高校演劇部の雅義、ひとみ、成井の三人は顧問の仲里と養護の陣内の、男同士の密かな恋愛を応援していた。ある日、ひとみは同級生の津田から「あの二人デキてんだろ?」とイキナリ話しかけられ、あろうことか仲里本人、津田から脅される。世間にバレたら二人は破滅!津田の目的を確認すべく、三人は彼を呼びだし勝負!を申し入れるが…。大人気作家野梨原花南が、ティーンズルビーについに登場!胸の奥がちょっと痛くなる、蒼い春の学園ストーリー。

二十世紀の僕たちへ〈1〉 (角川ティーンズルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (メモ:高等部2年のときに読了。)

  • どうも先の話があるようなので、1巻と言いつつ見えていないものがあって、ちょっと読みにくかったです。会話文は野梨原さんらしいノリの良さで楽しいのですが。(2008.04.07読了)

  • まあまあ面白い。先生達があまりにも自分勝手というか。生徒と同レベルか時にそれ以下。股ぐらx3回淡々と言ってのける女子高生が好き(笑)。あだ名がAVてのはどうなんだろう先生とか。林蔵が不思議キャラの割りにちゃんとしたエピソードもなかったのがちと残念。ハニーが気になる。

  • 功千院高校演劇部の雅義、ひとみ、成井の三人は顧問の仲里と養護の陣内の、男同士の密かな恋愛を応援していた。ある日、ひとみは同級生の津田から「あの二人デキてんだろ?」とイキナリ話しかけられ、あろうことか仲里本人、津田から脅される。世間にバレたら二人は破滅!津田の目的を確認すべく、三人は彼を呼びだし勝負!を申し入れるが…。大人気作家野梨原花南が、ティーンズルビーについに登場!胸の奥がちょっと痛くなる、蒼い春の学園ストーリー。

全4件中 1 - 4件を表示

野梨原花南の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

二十世紀の僕たちへ〈1〉 (角川ティーンズルビー文庫)はこんな本です

ツイートする